HTCはExodusブロックチェーンスマートフォンでマイニングを可能にしている

台湾に本拠を置くテクノロジーの巨人HTCは、そのExodusブロックチェーンスマートフォンに暗号通貨のマイニングをユーザに許可するが、それは彼らがリッチになることを意味するものではない。


金曜日にフォーブス紙が報じたように、同社はMida Labsと提携し、同社のDeMinerアプリをExodus 1Sモデルで採用している。このアプリは、ユーザーがモネロ(XMR)を採掘することができ、ユーザーは毎日平均して0.0038ドルまでの暗号を稼ぐことができる。報告書によると、マイニング作業を行うために使用される電気は、マイニングによる収入の半分以下になるという。

収入のその量は、任意の合理的な時間スパンで携帯電話のコストを返済するには足らないし、実際には、1 つあたり 52 ドルの現在の価格で XMR の 1 つのユニットの価値を得るために約 13,680 日 (約 37 年) がかかるだろう。

しかしHTCは、この取り組みは、ブロックチェーンの安全性を確保するために使用されるコンピュータを見て、ブロック報酬と引き換えに取引を処理するプロセスである仮想通貨(暗号資産)マイニングにさらなる分散化をもたらすことを目的としていると述べている。

仮想通貨(暗号資産)のマイニングは、コンピュータプロセッサからグラフィックカード、さらには一部のブロックチェーンではASICSと呼ばれる専用プロセッサまで、参加者がネットワークの難易度が上がる中でリターンを維持しようとする中で進歩してきた。このように携帯電話で採掘する能力は、少なくとも斬新であり、仮想通貨(暗号資産)に無関係だった人々の採用と教育を増加させる可能性がある。

HTCは、Exodusに搭載されているDeMinerアプリ(2020年第2四半期に発売予定)は、マイニング(またはハッシュ化)能力の点でデスクトップコンピュータとほぼ同等であるが、エネルギー需要ははるかに低いと述べている。

「問題は、ASICやCPUを使うべきかどうかではありません。問題は、どうすればさらに分散化を進め、より包括的な貨幣システムを確保できるかということです」 HTCの分散型チーフオフィサーであるフィル・チェン氏がフォーブスのレポートで語った。

HTCは昨年10月にExodus 1Sを発表し、完全なビットコインノードを実行することができる唯一の携帯電話として豪語している。Exodusでは、「ミリタリーグレード」のセキュリティを内蔵したZionハードウェアウォレットに暗号通貨を保存することができる。

同社はまた、先月上旬、フルビットコインノードをサポートする5Gルータを明らかにしていた。

(翻訳元:coindesk.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)