【Bybit】バイビットの使い方を徹底解説【安全性も説明】

7

最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)です。
といっても、bitFlyerなどの国内取引所と違い、海外取引所であることもあって、本当に安全なのか、Bybitの運営主体や他の仮想通貨取引所と比べた上でどこが優れているのか知りたい人もいるかもしれません。ここでは、新たにトレードを始める皆さんに役立つ、Bybitの特徴について説明した上で、登録方法と基本的な使い方について紹介します。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制
ただいま入金金額にかかわらず最低3000円の入金ボーナスキャンペーンを実施中。

また、bybitと自動売買システム「はむとれ」を使った企画はこちらで開催中だ。

Bybit(バイビット)とは?

Bybit(バイビット)は、シンガポールに拠点を置く人気のピアツーピア(P2P)ビットコインおよび仮想通貨先物取引所である。この Bybit のレビューでは、この取引所があなたにとって適切な取引所であるかどうかを判断できるように、プラットフォームについて知っておくべきことをすべてご紹介する。

Bybitの運営会社は?

Bybitって怪しい会社が運営しているんじゃないの?本当に大丈夫なの?

Bybit取引所は、Bybit Fintech Limited – 英領ヴァージン諸島に登録された会社の下で運営されている。

Bybitの運営チームは、仮想通貨や金融の専門家からなっている。具体的には、Bybitのチームは、元モルガン・スタンレー、テンセント、Linkedin上であるべて利用可能である他の知られている機関から参加した人員で構成されている。

Bybitは、最高100倍のレバレッジでの永久先物商品を提供している。この点で、Bybitは類似の先物製品を持っているBinance(バイナンス)などの確立された取引所と競合している。

両取引所の間には多くの類似点があるが、Bybitが競合他社よりも優れているいくつかのユニークな機能がある。あとで、これらの機能に触れる。

取引所は、世界中のほとんどのトレーダーに開かれており、プラットフォームは、英語、中国語、韓国語、日本語、ロシア語に翻訳されている。それでも、Bybitが運営していないいくつかの管轄区域があり、これらには、米国、シリア、カナダのケベック州が含まれている。

Bybitでトレードをはじめる

ByBitは何が優れているのか

Bybitがちゃんとした会社によって運営されているのはわかったけど、どういう点がいいの?

今日、新しい取引所が次々と登場し、より優れたインターフェイスとレバレッジ取引の経験を提供している。すべての新しい取引所のうち、Bybitは2021年になっても他の追随を許さぬサービスを提供している。

それは、これらのトップ3の取引所の取引エンジンのキャパシティをみても明らかだ。

  • Bybit。毎秒100,000トランザクション
  • Deribit(日本ではサービス外)。毎秒10,000トランザクション
  • BitMEX(日本ではサービス外):毎秒500トランザクション

Bybitの特徴は、10万件のTPS(トランザクション・パー・セカンド)を処理する能力を持っており、これは競合他社よりもはるかに優れている。今日に至るまで、Bybitはシステムの過負荷による不具合を経験したことがなく、これは非常に評価の高いポイントだ。これが現在、トレーダーがBitMEXや他の取引所よりもBybitを選んでいる主な理由の一つでもある。

また、Bybitの取引画面を見たときの第一印象は、他のほとんどの取引所よりも使い勝手が良さそうだということである。

Bybitの取引画面。ダークモードを適用している。

この取引所を競合他社と比較すると、BybitはBinanceのインターフェイスにインスパイアされているように見える。Binanceの成功の大きな部分は、間違いなくその使いやすさから来ているので、これは良いことである。

上の画像はダークモードでのBinanceのインターフェイスであるが、ダークモードとノーマルモードを簡単に切り替えることができる。

Bybitの設立者と社員

Bybitの中の人ってきちんと開示されているの?

Bybitは2018年にオーナー兼CEOのBen Zhou氏によって設立された。ベンは8年間、外国為替取引所を成功裏に運営していたため、外国為替市場からの経験を持っている。Bybitチームの他のメンバーは、モルガン・スタンレー、テンセント、その他の非常に評判の良い企業での経験を持っている。

Bybitは、共同設立者や他のチームメンバーが非常に優秀であることで有名だ。これが取引所の爆発的な成功の主な理由の一つであると思われる。

Bybitのオーナー&CEOであるBen Zhou氏


Bybitはシンガポールに本社があり、香港にも営業所がある。取引所は、英領バージン諸島に登録されたBybit Fintech Limitedという名前で運営されている。

Bybitは安全なのか

Bybitってハッキングされても資産は大丈夫なの?

Bybitは、BitMEX、Kraken、Coinbaseや他のいくつかの取引所と同様に、ハッキングされたことがない。とはいえ、リスクのない取引所というものはない。Bybitにビットコインを入金する際には、取引所があなたの資金を信頼していることを理解する必要がある。

Bybitでの資金はすべてコールドストレージに安全に保管されている。ウェブサイトによると、Bybitがハッキングされた場合、プラットフォームは、損失のために顧客に完全な補償を与えることになる。

bybit is safe bitcoin funds
Bybitウェブサイトに記載されている誓約。
(非常に可能性は低いものの)ハッキング被害の場合は全額補償をうたっている

また、Bybitはゼロカットシステムを採用しているため、もし資金がロスカットされてしまったとしても、追証は一切発生しない。

Bybitでトレードをはじめる

Bybitでの出金について


Bybitが他のレバレッジ取引所と異なる点は、特定の時間に1日3回、資金を引き出すことができるということである。BitMEXや他の競合他社では、実際には特定の時間に1日1回しか資金を引き出すことができないが、Bybitでは1日3回の出金が可能である。

1日3回の出金時間は、08:00、16:00、24:00 UTC(すなわち、日本時間で17:00、2:00、9:00)となっている。それがBybitによって確認されるまで、出金申請は保留される。言い換えれば、次の引き出し時間が数時間先の場合、あなたの引き出し時間は数時間になる可能性がある。ただし、出金確認時間は8時間ごとに発生するため、最大でも8時間となる。

30分ルールがあるので、07:30以降に提出された資金の出金は08:00で確認されるのではなく、代わりに16:00で確認されることになるので注意が必要である。

なお、出金制限はないので、安心して欲しい。

Bybitの手数料について

Bybitの出金手数料は0.0005BTCと非常に低く、他の取引所の平均が大体0.0008~0.0009BTCとなっているのに比べて、Bybitは0.0005BTCと非常に低くなっている。これは、Bybitの出金手数料がビットコイン取引所の平均よりも41%低いことを意味する。

手数料について最も興味深いのは、指値注文を利用した場合、実際には手数料を支払うどころか、リベートを得ることができるという点だ。言い換えれば、注文帳に指値注文を提出することでバイビットから報酬を得ることができる、ということだ。

成行注文手数料(テイカー手数料)0.075%
指値注文手数料(メーカー手数料)-0.025%
出金手数料0.0005 BTC
資金調達率0.02%/ -0.02%
Bybitの手数料一覧。

Bybitの登録方法

下記リンクから登録画面へ移行する

まず、下記のリンクから登録画面に移行しよう。

Bybitでトレードをはじめる

アカウントを作成する

アカウント作成

Eメール登録と携帯番号登録のいずれかで登録することができる。

Eメール登録の場合は、メールアドレス とパスワードを入力して「登録」を押し、メールアドレス に送信された確認メールのリンクを開くことで登録が完了する。

注意が必要なのは携帯番号登録だ。

携帯番号登録

携帯番号登録の場合、携帯電話の番号は「先頭から0を除いた番号」を入力しよう(余談だがこれは国際電話番号のならいである)。そうしないと、その後のSMS認証で認証コードがスマホに届かなくなってしまう。「登録」を押した後にSMS認証が始まるので、スマホに届いたコードを入力して登録を完了しよう。

これで登録は完了だ。

登録後:入金する

PCの場合とスマホ(アプリ)の場合で操作が異なるので、ここでは分けて説明する。

PCの場合

登録したEメール/電話番号とパスワードを入力してログインしよう。
なお、電話番号は上述の通り「先頭から0を除いた番号」を入力する。

メッセージ

このようなメッセージが出る。「Bybitリスクに関する確認書」をよく読み、「取引開始」ボタンを押す。

するとPCではこのようなトレード画面が表示されるだろう。

トレード画面

詳しい操作については後ほど説明する。まずはビットコインの入金をしなければ始まらないので、入金操作をしよう。

ビットコインを現時点で持っていなかったり、国内取引所のアカウントを持っていない場合は、クレジットカードで直接ビットコインを購入し、口座に入金する方法があるので、詳細は下記を参照のこと。

入金するには、PCでは右上のメニューから「マイアセット」を選択する。

マイアセット

一番右の欄の「入金」をクリックして

入金先ウォレットアドレス

入金先ウォレットアドレスを確認しよう。あとは、自分が使用している国内取引所(bitFlyer、Coincheck等)から入金先ウォレットアドレスへビットコインを送金するだけだ。取引が1承認されると、ウォレットに残高が反映されるのでコーヒーでも片手に気長に待とう。

スマホの場合

スマホの場合、iPhone/Androidで専用アプリがリリースされている。このアプリは非常に使い勝手がよいため、是非導入しよう。

bybitアプリダウンロード: iPhone版  / Android版

アプリを開いたら早速ログインしてみよう。

bybitログイン

ログイン後、右下の「資産」タブをタップし、「コインを選択してください」からBTCをタップする。

資産
ウォレットアドレス

入金先のBTCウォレットのアドレスが表示されるので、当該アドレスへ国内取引所等からビットコインを送付しよう。

これでトレードの準備が整った。

トレードを開始する

PCの場合

取引は、トレード画面のチャート右側の注文ペインから行う。

注文ペイン
注文ペイン
  • ①:指値注文、成行注文、条件付(ストップ注文等)の注文方法を選択する。
  • ②:レバレッジの指定。クロスマージン(1倍〜100倍の自動変動)から1〜100倍の固定レバレッジ(分離マージン)を選択することができる。
  • ③:注文価格と契約数(ロット数)の指定。下の%ボタンを利用することで、現在利用可能な証拠金の何%を契約数に用いるか指定することができる。
  • ④:注文ボタン。オプションのPost-Onlyは指値注文が通らず成行注文となってしまう場合に強制的に注文をキャンセルするというもの。これにより望まない成行注文により手数料を取られるのを防ぐことができる。Reduce-Onlyは保有ポジションが既に決済・損切・強制決済された場合に、利食い設定した指値注文が反対売買方向の新たなポジションとして執行されないように使用する。

スマホの場合

スマホ版は説明が不要なくらいに使いやすく簡単に注文ができるが、併せて説明しておく。

  • ①:指値注文、成行注文、条件付(ストップ注文等)の注文方法を選択する。
  • ②:レバレッジの指定。クロスマージン(1倍〜100倍の自動変動)から1〜100倍の固定レバレッジ(分離マージン)を選択することができる。
  • ③:注文価格と契約数(ロット数)の指定。下のスライダーを利用することで、現在利用可能な証拠金の何%を契約数に用いるか指定することができる。
  • ④:注文ボタン。オプションのPost-Onlyは指値注文が通らず成行注文となってしまう場合に強制的に注文をキャンセルするというもの。これにより望まない成行注文により手数料を取られるのを防ぐことができる。Reduce-Onlyは保有ポジションが既に決済・損切・強制決済された場合に、利食い設定した指値注文が反対売買方向の新たなポジションとして執行されないように使用する。初心者は無視しても構わないオプションだと思うが、詳細はこちらを参照するとよいだろう。

よくある質問

損益評価額の算定が米ドル基準になっているのを日本円基準にしたい。

PCではトレード画面右上のメニューより「アカウント&セキュリティ」を選び、「設定」タブを開く。通貨欄の「相当する通貨」を「日本円(JPY)」を選択すると、今後評価額は日本円で表示されるようになる。

スマホアプリでは右下の「資産」タブから画面右上の歯車ボタンをタップし、設定画面を開く。「一般」>「為替レート」を「JPY」に選択すると、今後評価額は日本円で表示されるようになる。

資金調達率って何?

詳しくは下記のページを参照してほしい。

クロスマージンと分離マージンの違いは何か?

分離マージンモードでは、そのポジションに差し出された証拠金は、資産残高から分離される。 利用可能な資産残高から資金が自動的に引き出されてポジションの証拠金に追加されることはない。分離マージンでは、強制決済によって失う最大額がそのポジションに設定したポジション証拠金であるため、リスク管理が容易になるのがメリットだ。

もしあなたが分離マージンでのレバレッジ設定に悩んでいるのなら、こちらも参照して欲しい。

クロスマージンモードは、強制決済を回避するために、該当する取引コインの口座残高のすべてが保有ポジションの証拠金として使用される機能だ。該当する取引コインの資本が維持証拠金より低くなった場合、ポジションは強制決済される。クロスマージンは必要なポジション証拠金を口座残高から分離しない。強制決済された場合、トレーダーはそのコインの資本の全てを失うこととなる。

クロスマージンはレバレッジを自分で設定する必要がなく簡便に思えるかもしれないが、常に口座資金の全額をリスクに晒したトレードを行うことになるため、安易にこの設定を勧めるべきではないと管理人は考えている。

相互保険とは何か?

ByBit独自の、相場の急激な変動による損失(強制決済含む)が発生した際に、損失を補填してくれるシステムだ。トレーダーは期間を決めて相互保険料(所定の数式より算出される。詳細はこちらを参照)を予め支払っておくことで、損失が発生した場合にBybitから補填が受けられる。補償受取額については、概ね契約数(USD)に対する付保価格の割合で決まる。

それではBybitでよいトレードライフを!

Bybitに登録

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ビットコインは今買い時なのか?

水 3月 3 , 2021
ビットコインは、2020年の初夏以降、驚異的なブルランをみせた。トップのデジタル通貨は、2017年の […]