【朗報】伝説の投資家「ビットコインは金だ」全資産の2%をビットコインに変える

4
  • 伝説のマクロ投資家であるポール・チューダー・ジョーンズ氏は最近、投資家に向けたマーケットノートの中でビットコインへの関心を公言している。
  • デジタル資産についての彼のコメントは、信じられないほど強気だった。彼は、ビットコインは1970年代の金を思い起こさせるとまで主張している。
  • 彼が自身の純資産の2%をビットコインで保有していることが明らかになった。

あるエコノミストは、最近のビットコインに関する彼のコメントは、「ビットコインについて言及したもののうち、最も強力な強気材料」であると考えている。

伝統的な金融業界の伝説的プレイヤーが急速にビットコインへの関心を高め始めているようだ。

マクロ投資の伝説的人物であるポール・チューダー・ジョーンズ氏は、現在不換通貨が見ている大規模なインフレの大勝利者になると確信していると説明し、公にビットコインを賞賛する最初の人物の一人となっている。

ある人気エコノミストは、彼の最近の市場展望コメントは、これまでにビットコインについて行われた “最も強力な強気材料となるコメント”になり得ることを指摘している。

ポール・チューダー・ジョーンズは全資産の2%をビットコインで保有

ジョーンズ氏は最近のCNBCのインタビューで、現在、自身の全資産の約2%をビットコインで保有していると説明している。

ただし、彼は現物のビットコインを保有しているのではなく、CME先物を経由してビットコインの価格動向を把握していることに注意が必要だ。

それにもかかわらず、以前は新興市場であった彼の最近の進出は、暗号資産業界にとって大きな節目となり、ビットコインに関する彼のコメントが広く世間に知られるようになったことで、機関投資家の購買意欲に火がつきそうだ。

暗号資産の専門家で著名な経済学者であるアレックス・クルーガー氏は、彼のアカウントからのツイートのスレッドで、この最近のビットコインの発展の強気さを強調する必要があると考えていると説明している。

“ポール・チューダー・ジョーンズ氏のコメントは、まさにチューダー自身が書いたものであり、これまでにビットコインについて書かれた中で最も強気なものだ。私はこれをゲームチェンジャーだと思っており、多くのマクロ投資家が追随するだろう。”

ビットコインの需要が増加

クルーガー氏はまた、ジョーンズ氏の暗号資産市場への進出は、ビットコインに対する需要の増加を示しており、いわゆる 「スマートマネー 戦略」を積極的に実行する者が市場に参入することは、その巨大な利益をもたらす可能性を示すものであると説明している。

“本当に重要なのは、我々がどう考えるかではなく、群衆やスマートマネー投資家がどう考えるか、もっと重要なのは、今後どう考えるかということだ。増大的な需要が到来している。”

彼は、合理的な考えとして次の1~2年で市場が「衰退が35~50%、成長が100~200%(1:2~1:6)」の割合で推移すると主張しているが、この成長は、より多くの大口投資家が市場に参入することで強化される可能性がある。

(翻訳元:Bitcoinist

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

仮想通貨取引所間で激化する独自ブロックチェーン構築戦争

火 5月 12 , 2020
ブロックチェーン業界が成長するにつれ、仮想通貨(暗号資産)の取引所が台頭してきている。厳しい弱気市場と景気後退は、有望な新興企業を次々と淘汰してきた。しかし、高いトラフィックと安定した取引手数料モデルを持つ取引所は、この嵐を乗り切ることができる。そして、取引所は今新たな舞台で戦いを始めようとしている:それはパブリックチェーンだ。