楽しい仮想通貨ライフ!

「強い売りシグナル」は、仮想通貨(暗号資産)市場にとって何を意味しているのか

ここ数日、ビットコインが7,470ドルで複数週に渡る強力な上昇を終えた後、この記事の執筆時点で6,800ドルまで下落して以来、仮想通貨(暗号資産)の価格は下降している。弱気の立場をとる人々は、残念ながら「強い売りシグナル」が観測されたばかりなので、この新興市場を下に押し下げることが予想される。


仮想通貨(暗号資産)市場は下降の継続、重要なシグナルを確認

下のチャートを見てみると、人気のある仮想通貨(暗号資産)トレーダーは、ビットコインが弱気の継続を見ている可能性が高いと指摘し、デスクロスの「強い売りシグナル」と、トム・デマーク・シーケンシャル(TDシーケンシャル)が昨日の赤1のローソク足の下に赤2のローソク足を発生させていることを指摘している。

トレンドを予測するTDシーケンシャルの精度に懐疑的な人も多いが、過去数ヶ月間、ビットコインに対しては極めて正確だった。2019年12月にBTCが6,400ドルで底を打ち、今年初めの2月に2020年の高値である10,500ドルに達したときに9本のローソク足が見られた。

TDシーケンシャルが設定した前例は、仮想通貨(暗号資産)市場は中期間の最高値に入っていることを示している。

ビットコインの短期的な弱気の見通しに加えて、トレンド中心のテクニカル分析ツールであるストキャスティックインジケーターが、BTCの短期的な上昇が決定的に終わったことを示唆しているとNewsBTCが報じている。トレーダーが観察したこのインジケーターは、2018年が始まって以来、ビットコインに対する精度は88%をマークしている。

長期的な見通しは、依然として強気の形

短期的なダメージは仮想通貨(暗号資産)市場に残るかもしれないが、アナリストは中長期的な見通しは弱気ではないと確信している。

NewsBTCの以前の報道によると、BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは、ニュースレター “Crypto Trader Digest “の4月号で、ビットコインは世界市場が横転した場合、再び3,000ドルを試す可能性があるが、彼の年末価格目標は “20,000ドルのまま “と綴っている。

なぜそう考えるのかについては、政府や中央銀行が不況を食い止めるために取り組んでいる金融・財政的な解決策を挙げている。

「シフトが迫っていることは誰もが知っています。だからこそ、中央銀行や政治家は、この問題にあらゆる手段を投じるのです。そして、繰り返しになりますが、不換紙幣が増えれば、実質財や労働力の供給量が横ばいから減少していくのを追いかけることになるので、インフレになるのです。新しいシステムに移行する間、所有すべきものは2つだけで、それは金とビットコインです。」

この考えは、他の元機関投資家のトレーダーからも反響を呼んでいる。

例えば、ギャラクシーデジタルのマイク・ノボグラッツ氏は、今月初めにCNBCのインタビューで、ビットコインが年末までに2万ドルに達すると完全に予想していると述べ、不換紙幣の価値が低下しつつあることは、主要な仮想通貨(暗号資産)にとってはむしろ強気であると主張しました。彼はこの予測に大きな信頼を寄せており、次のように述べている。

「私は大きなビットコインのポジションを持っていて、それを追加し続けています。一部ではありますが、これは金のロングとBTCのロングの両方のための素晴らしい環境だからです。」

(翻訳元:newsBTC

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。