超弱気のテクニカルパターンを確認:イーサリアムはどこまで下がる?

イーサリアムは、他のほとんどの同業者と同様に、今日はわずかに売り圧力を受けており、昨日設定された200ドル弱の高値から下落している。


最近のイーサリアムのテクニカルパターンは、ビットコインの取引ペアに対してETHが弱気になっていることと一致しており、2つの主要な取引ペアの弱さが合流することで、下降が迫っていることを示している。

ビットコインに対する弱気が強まるとイーサリアムは下降

この記事を書いている時点で、イーサリアムは現在193.70ドルと1%以上下落しており、昨日設定された200ドル近い日足の高値からわずかに下落している。

ETHはビットコインの取引ペアに対しても弱さを見せており、ベンチマークとなる仮想通貨(暗号資産)が1日の高値である7,800ドルのすぐ下で安定しているため、現在は2%以上の下落となっている。

アナリストたちは、現在の価格0.026BTCのすぐ上にある抵抗が、大幅な下落を誘発するのに十分かもしれないので、イーサリアムがビットコインの取引ペアに対してさらに弱くなると予想している。

あるトレーダーは最近のツイートでこの可能性を示唆し、約0.0235 BTCでの短期的な下降目標を提示しながら、チャート上のレジスタンスを指摘している。

Ethereum ETH
ETH/USD: TradingView

このチャートは、彼が以前ツイートしたものと関連している。彼は、ビットコインが短期的に集約された市場をアウトパフォームすると予想しており、イーサリアムのような仮想通貨(暗号資産)が下落するだろうと述べている。

ETHが深刻な損失につながる可能性のある非常に弱気なテクニカルパターンを確立

イーサリアムが不利になっている要因はこれだけではない。最近では、米ドルに対して大幅に下落する可能性のある非常に弱気のテクニカルフォーメーションを形成している。

アナリストはここ数時間、この上昇ウェッジパターンを広く指摘しており、あるチャートでは、このパターンのブレイクダウンが確認された場合、近い将来の下降目標は約160ドルになるとしている。

画像提供:CryptoBirb

ETHのBTCに対する弱さから、この動きはビットコインの下降とは無関係に起こる可能性が高い。

しかし、BTCが7,800ドルで拒否された場合、現在のテクニカルな弱さはさらに拡大する可能性があり得る。

(翻訳元:newsBTC

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)