【2021年仮想通貨自動売買】「はむとれ」✖️「bybit」で1500万儲かった件【#4】

「はむとれ」はどこに消えたのか

結論から言うと、はむとれをやってよかった。

ご無沙汰している。Bybitで動作する仮想通貨自動売買プラットフォーム「はむとれ」を2020年5月から続けているが、その結果を報告したい。

Bybitはむとれの詳細については、こちらを参照してほしい。

参考記事:【2021年最新版】新規におすすめ:仮想通貨取引所Bybit(バイビット)を使ってみよう
参考記事:【企画】「はむとれ」✖️「bybit」で1BTCを100倍にしてみる
はむとれの仕組。公式サイトのものを一部改変している

おさらいすると、「はむとれ」はチャート分析ツールTradingView上で動作するストラテジーの出力する売買シグナル(アラート機能)を中継してBybitに注文をすることができる。TradingViewでストラテジーごとのアラートを設定しておくと、はむとれが発生したアラートを拾って、Bybitに注文を出してくれるという仕組みだ。

運用方針

というわけで、このルールと心構えで半年強、続けてきたわけである。

  • 2020/05/18、1BTCから運用を開始
  • 取引所はbybitを使用
  • 8の投資戦略(ストラテジー)を選択
  • 裁量トレードは厳禁。原則放置
  • 1ヶ月ごとに、投資戦略ポートフォリオの見直しを行う
  • 目標は大きく。最終的に100BTC到達を目指す

なお、ストラテジーは2019年から安定的に利益を出し続けおりプロフィットファクター(PF)の高いものを8つ抽出し、このストラテジーの入れ替え自体は期間中行わなかった。一方で、1ヶ月ごとにバックテストの成績が最良になるように、ストラテジーごとにパラメータのチューニングを行った。

ストラテジーパラメータの最適化には独自のグリッドサーチスクリプトを用い、プロフィットファクターを最高にできる設定を選択した。

結果:+2.5BTC!!(+1500万円オーバー)

まあさすがに100BTCなんてことにはならないが、下記のように2.5BTCの利益が出、残高は3.5BTCとなった。当時は1BTC=100万円だったので、日本円ベースで考えると、テンバガーなんてものではない。

利確出金したあとの私のアカウント。
BTC増減の推移。週単位でみると結構なドローダウンも起きたが、
月末の記録をつなぎ合わせると意外となだらかであった

現在ビットコインが加熱気味なのでここでいったん利確出金をしておく。
必ずしもこのような良い結果になるとは限らないが、細かなメンテナンスを行い、適正に放置していれば、はむとれ(とそのストラテジー)は応えてくれた。

内容が少なく恐縮だが、今後、所感や経験から得たどのように運用すべきかを書いていこうと思う。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

イエレン米財務長官がビットコインについて誤解していること

火 2月 23 , 2021
今日、ニューヨークタイムズのDealBook DC Policy Projectで、米国財務長官はジ […]