グレイスケールがDLCファンドからリップル(XRP)を除外。BTCとETHの買い増しを実施

クリプトファンドマネージャーのグレイスケールは本日、四半期レビュー後にXRPの上場廃止を発表した。ファンドマネージャーはまた、XRPの売却による現金収入を、ビットコイン、イーサリアム、その他の資産の買い増しに活用していることを通知した。

DLCファンドは、デジタル資産クラスのラージキャップセグメントへのエクスポージャーを提供しようとするパッシブ、ルールベースの戦略だ。

3/ $XRPはDLCファンドの四半期レビュー(12/31/20)の後に削除されました。その他の資産は含まれていません。以下の表は、2021 年 1 月 4 日現在の DLC ファンドのウエイトをハイライトしています: $BTC $ETH $BCH $LTC

Grayscaleは公式プレスリリースの中で、約1.46%のウェイトを持っていたDLCファンドからXRPを削除したことを指摘している。公式プレスリリースでは以下のように言及している。

当ファンドの公認参加者は、2021年1月15日午後5時(米国東部時間)より、XRPの取引を一時的に停止することを発表しました。同社は、XRPの保有分を売却し、残りのファンド構成銘柄のトークンをそれぞれのウェイトに比例して追加購入しています。

グレイスケールDLCファンドはビットコインで80%以上を保有


グレイスケールDLCファンドは現在、81.63%のビットコイン(BTC)、15.86%のイーサリアム、1.08%のビットコインキャッシュ、1.43%のライトコインを保有しており、各取引可能株は0.00047489ビットコイン、0.00287011イーサリアム、0.00047537ビットコインキャッシュ、0.00167314ライトコインを有している。

XRPの上場廃止騒動は、リップルとその幹部の2人が未登録証券であるXRPを販売したとしてSECに訴えられて以来、ずっと続いている。訴訟は、いくつかのクリプト取引所、特に米国の顧客にサービスを提供している取引所に、プラットフォームからXRPを上場廃止にするよう促した。先週、グレイスケールはXRPの保有株の大部分を売却したという噂がありましたが、同社の広報担当者はそのような主張をすべて否定し、CryptoファンドマネージャーはXRPの別の1200万ユニットを購入した。

人気のあるファンドマネージャーであるグレイスケールが、12月31日の四半期レビューの後、新年にXRPをさらに購入し、1月15日にDLCファンドから再びXRPを売却することにした理由は、現在のところ不明だ。

参考:グレイスケール、新年に1,200万枚のXRPを購入

(翻訳元:coingape

Share

Next Post

グレイスケールはリップルから手を引くもSBIは擁護の立場

水 1月 6 , 2021
暗号資産運用会社のグレイスケールは本日、米国証券取引委員会がリップルと共同創業者のクリス・ラーセンと […]