グレイスケール、新年に1,200万枚のXRPを購入

2

グレイスケールがXRPを不当廉売(ダンピング)しているというのは、Bybitのデータに基づいて、ほとんどのメディアが見出しをつけていたわけだが、同社の広報担当者はそのような主張に反論している。

Grayscale Investment Holdingを見てみると、以前のチャートでは、グレイスケールからXRPトークンが大量に清算されていることが示されていたが、実際にはXRPの大部分が清算されていないことが明らかになった。

Grayscaleの広報担当者は公式声明で次のように述べている。

“当社の投資商品による原資産の大量売却に関する記述は、虚偽であり、不正確だ。グレイスケールXRP信託の米ドル価値が大きく下落したのは、XRPの米ドル価格が下落した結果であろう”

出典:bybit

グレイスケールは、アセットマネージャーだけでなく、主要な仮想通貨取引所ですらXRPの上場廃止を開始するという現在のトレンドに逆行し、1月1日に日本円にして3億円以上、1,200万ユニット以上となるXRPを購入したという。

出典:グレイスケール

大量の上場廃止がXRPトークン価格と仮想通貨市場を急上昇させる

SECがリップルとその幹部2人を13億ドルの未登録証券を販売したとして12月21日に提訴して以来、このニュースは上場廃止騒動を引き起こした。このニュースは、米国内の主要なクリプト取引所や米国外の顧客にサービスを提供している取引所が、SECの提訴を避けるためにXRP取引サービスの上場廃止を開始したことで、上場廃止騒動につながった。

XRPトークンの価格は、その時価総額の70%以上を失っただけでなく、長年の第3位の座を失った。SBIホールディングスをはじめとするリップルの戦略的パートナーの多くは、同社への支援を拡大しており、また、同社の市場や送金サービスの大半は米国外にあるため、心配する必要はないと示唆している。

裁判前会議の最初の日付は、すべての当事者が出席必須の電話会議によって行われる予定であり、2月21日に設定されている。

マティ・グリーンスパン元eToroシニアマーケットアナリストで創設者のQuantum economics氏が語った。

“退任したSEC会長の行動は、信じられないほどのダメージを与えましたが、確実に致命的とは言えません。現時点では空気が曇っていて、正確な予測は不可能です。状況が明らかになれば、我々は再評価する必要があるでしょう。”

リップル社は抗弁の中で、SECは、リップル社がXRP台帳に基づいてコアとなる送金ビジネスを作りながら何年も運営しているため、単にリップル社を標的にしているだけであり、公共の利益と数千人のXRP投資家を保護するためには、SECはそのトークンを「証券」とみなすべきではないと主張した。しかし、SECの訴訟では、リップルとその幹部は、自らのサービスが証券として適格であることを十分に認識しており、登録せずにXRPを提供することで連邦安全保障法に違反している可能性があると主張している。

(翻訳元:coingape

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ビットコインが新高値を更新、アルトコインはポジティブな兆しを見せる

土 1月 2 , 2021
ビットコイン価格は、29,650米ドルを上回り、新たな史上最高値を記録した。 イーサリアムは750ド […]