【朗報】Google、仮想通貨ウォレットになりすますChrome拡張機能を一掃【フィッシング】

セキュリティ企業ソフォスによると、GoogleはLedgerやMetaMaskのような人気のある暗号ウォレットサービスになりすましていたChrome拡張機能の別のバッチを削除し、50個近くを削除したという。

金曜日、ソフォスが管理するニュースサイト「ネイキッド・セキュリティ」は、ウォレットサービス「MyCrypto」のセキュリティリサーチャーであるハリー・デンリー氏が特定した悪質な拡張機能をGoogleがさらに22個削除したと報告した。どうやらこれらの詐欺的な拡張機能は、削除されるのと同じくらいの速さで出現しているようだ。先月、デンリー氏がブログの投稿でフラグを立てた後、同社は49の類似したなりすましを削除した。

Denley は、これらのエクステンションが、Ledger や Metamask に加えて、MyEtherWallet、Trezor、Electrum と提携していると偽っていることを発見した。 例えば、偽の拡張機能は、ユーザーを騙して秘密鍵やニーモニックなフレーズを吐かせるために、これらのサービスと全く同じユーザーエクスペリエンスを作成する可能性がある。

既に、これらのなりすましウォレットによるフィッシング被害に遭ったユーザも多数存在しており、最悪の場合はウォレットの中身を全て抜き取られる可能性があるため、ウォレットのユーザは注意が必要だ。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)