【悲報】Google、仮想通貨関連コンテンツを検閲か

Googleが5月4日の検索エンジンのコア・アップデートを発表してから3日後も暗号資産関連コンテンツの検索結果の低迷が続いている。Googleは、落ち着くまでに数週間かかるかもしれないと警告している。この変更は多くの人が感じている。


アルファベットのグーグル(NASDAQ:GOOGL)がスマートデビットカードでフィンテックゲームに参加することを決めたわずか数週間後、新たな事態が発生している。Googleはアップデート後、暗号資産関連のコンテンツをブロックしているようだ。

検索エンジン大手のグーグルが、他の企業に対抗するためにスマートデビットカードを開発していることは以前触れた。このカードは、Apple Inc. (NASDAQ: APPL)のような他のテクノロジー大手に対抗するために開発されていると報じられている。つまり、この状況は本当に意味がないということだ。ブログ「Search Engine Land」によると、Googleは5月に新しいコアアルゴリズムのアップデートを展開しているという。

テクニカルオンチェーンアナリストであり、講演者であり、YouTuberでもあるクリストファー・ジャッツィンスキー氏は次のように述べている。

「これは公知の事実です。GoogleはYouTubeを所有しているので、これはまた、Googleのトラフィックに依存しているメディアからビットコインと暗号資産YouTuberへとエスカレートしている。私たちのチャンネルを含む、すべての大手ビットコインYouTuberは今、不意打ちされています。」

ジャッツィンスキー氏は付け加えた。

「私は2019年6月と12月にストライキを通じてYouTubeの粛清が行われていたことに気付き、ビットコインのテクニカル分析動画をアップロードできなくなっていました。いわゆる「shadow-banning」(闇討ち)です。YouTubeの動画のリーチを制限し、その結果、私たちが受け取る再生数は大幅に減少してしまいました。」

Googleからは、年に数回行っているように、5月4日に大まかなコアアルゴリズムのアップデートをリリースしたことを確認したとのことだ。それは「2020年5月コア・アップデート」と呼ばれている。

「このようなアップデートに関する当社のガイダンスは、以前にも取り上げた通りです。」とGoogleは述べている。

Googleアルゴリズムアップデート後、閲覧数が90%減少

しかし、Googleのアップデートは、暗号資産YouTuberのものだけに限定されていないが、同様にいくつかの暗号資産ニュースサイトにも打撃を与えている。YouTuberであり、The Moon ABの創設者でもあるカール・ルネフェルト氏は、ビットコイン動画に対するYouTubeの検閲に関する最新の動きは非常に憂慮すべきものだとコメントしている。

彼は次のように述べている。

[私のチャンネルではこれまで見たことがなかったのですが、この現象は今ではここ数日でビットコイン界の大物YouTuber全員に一斉に起こっていることです。動画をアップロードして3時間後に突然、再生回数が90%も落ち、検索結果にも表示されなくなってしまいました。また、私の10万人の登録者の中には、私の動画がレコメンドから消えたと報告している人もいます。”

これはYouTubeだけに影響を与えているわけではないとさらに続けた。また、U.Todayは昨日、Googleの検索トラフィックが大幅に減少したという。

ジャッツィンスキー氏は、ビットコインの素晴らしさは、没収されず、検閲にも強いことだと述べている。

教育が重要

ジャッツィンスキー氏は教育が重要だと言っている。「人々は富を確保するために、金やビットコインのようなものについて教育を受けなければなりません。中央銀行はこれまで以上にお金を刷っており、これが続けば数年後にはハイパーインフレに発展するかもしれません。」と説明した。

グーグルが暗号資産コンテンツをブロックし、シャドー化し続けた場合、何ができるかと問われると、ジャッツィンスキー氏は次のように答えた。

「私たちは今、視聴者を分散させています。メインのYouTubeチャンネルの他に、ドイツのMMCrypto DEチャンネル、15,000人以上のメンバーがいるテレグラムチャンネル、そしてTwitterアカウントMMCryptoがあります。さらに、分散型ストリーミング・プラットフォームにもアカウントを開設する予定です。」

しかし、グーグルが暗号資産コンテンツの検閲を続けていれば、ジャスチャンスキー氏が別のプラットフォームを利用する可能性はゼロではないかもしれない。そうなれば、おそらく他の人も同様に追随する可能性がある。

グーグルの暗号資産コンテンツ検閲は、好機に恵まれた時期に来ている。現在、ビットコインは歴史的にビットコインが史上最高値を更新してきた、3回目の半減期に近づいている。

(翻訳元:coinspeaker

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)