【FRB】パウエル議長の発言でビットコイン暴落。4万6000ドル台に

ウォールストリート・ジャーナルのジョブズ・サミットで、FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長は、米国経済は最大雇用の達成には程遠いと繰り返した。彼は金利をゼロに近い水準に維持することについて話した。一部のエコノミストは可能と言っていたことではあるが、中央銀行が利回りの上昇を抑えるために毎月長期国債を買い増しするかどうかについては発言しなかった。

「債券市場に関連して、市場の無秩序な状態と、我々の目標の達成を脅かす広範な金融状況の持続的な引き締めを行なっていく」とパウエル氏は語った。

ウォール街も、ビットコインも、一斉に下落

ビットコインはパウエル氏の発言を受けて下げに転じ、米国の午後までに下げ幅を加速させた。ビットコインは木曜日に3.97パーセント下落して47,543ドルに滑り、金曜日のアジア太平洋地域の市場開けになると、さらに下落を続けている。その日中の安値では、ビットコインは4万6,219ドル相当で取引されていた。

他の場所の仮想通貨市場では、代表的な仮想通貨のほぼすべてが、24時間内に大きな損失を記録した。Chainlink、Polkadot、Binance Coinは9~11%の範囲内で下落し、イーサリアムは約6%下落した。

Bitcoin, cryptocurrency, BTCUSD, BTCUSDT

先にビットコインを支持していたウォール街のテック株も赤一色となった。キャシー・ウッドのアーク・イノベーションETFは、主にハイテク株をブーストしており、5.3%急落した。一方、自動車メーカーのテスラの株価は4.9%下落した。テクノロジーに深く関わるナスダック総合指数は全体で2.1%下落した。

失われたお金は、代わりに昨年のコロナウイルスのパンデミックの間に下落していた資産クラスに飛んだ。その中には、2.5%上昇したS&P500のエネルギーセクターも含まれている。米ドルも上昇した。ビットコインは、グリーンバックが上昇するとネガティブに反応する傾向がある。

ビットコインにとってより弱気の追い風となったのは、国債の金利上昇によるものだった。パウエル議長の演説後、米国10年物国債の利回りは7ベーシスポイント上昇して1.55%となった。それはアジアの市場開け直後の取引でも上昇を続け、さらに2ベーシスポイント上昇して1.57%に達した。

アライアンス・バーンスタインのシニアエコノミスト、エリック・ウィノグラッド氏は、長期国債の利回りが一定のしきい値を超えた場合、FRBが介入すると予想していると述べた。同氏は、債券の金利上昇率は今後数四半期に渡って上昇するが、ゆっくりと上昇すると予想している。

ブライトスポット

オンチェーンの指標は、ビットコインの蓄積センチメントの成長を指し続けた。彼の最新のツイートの中で、CryptoQuantのCEOであるKi-Young Ju氏は、Coinbase取引所からOTC(大口専用)デスクに関連するウォレットに約12,000ビットコインが送金されていることを明かした。

「機関投資家はまだ46,000~48,000ドルの範囲でBTCを溜め込んでいます」と彼は付け加えた。

Bitcoin, cryptocurrency, BTCUSD, BTCUSDT
Coinbase Proから送金されたビットコインの総量。

Ju氏はまた、価格上昇傾向にある間にビットコインを購入したほとんどの機関は、まだ保有するビットコインを売却していないと述べた。同氏はCoinbase Custodyウォレットのスクリーンショットを提示し、最初の入金以来、古いアドレスに大量のビットコインが放置されていることを示した。

「テスラのような機関が私たちと一緒にいることを忘れないでください」とJu氏は付け加えている。

一部のアナリストは、ビットコインは今後のセッションで45,000ドルに向けて下落するリスクがあるが、長期的なインフレ懸念に対しては上向きのバイアスを維持するだろうと指摘している。

(翻訳元:Bitcoinist

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【Bybit】レバレッジは何倍で取引すべき?破産までの早見表付き

金 3月 5 , 2021
仮想通貨デリバティブ取引所であるBybitやBinance Futuresは、レバレッジ100倍とか125倍というとんでもないレバレッジを効かせることが可能だ。だが・・・