【悲報】リップルさん、最高値から90%下落しても「デタラメに高すぎる」と指摘されてしまう

ripple

2018年の初めに見られた3.30ドルでの最高値を記録して以来、リップルは一貫した下降トレンドにある。


ビットコインと他の仮想通貨(暗号資産)が若干の強気市場でより上昇していたとしても、リップルの価格上昇は抑えられており、一見底がないように見えて、時間の経過とともにより上昇幅が低くなっているように見える。

XRP chart long-term from 2017 highs
2017年の高値から長期的なXRPチャート

XRPは、3月の安値から100%以上上昇したにもかかわらず、この記事を書いている時点では最高値の90%を下回っている値をつけている。

XRPは “デタラメな高値を付けられている”

この悲惨なマクロパフォーマンスにもかかわらず、ある暗号資産トレーダーは、このアルトコインがまだ下落しきっていないと考えており、最近書いている。

“おかしいと言われるかもしれないが、XRPが再び1.00ドルを突破するとは思えませんし、ましてや3.00ドルを突破するとは思えない。23セントでさえ、高いと思うくらいです。”

それは、最近の数週間で他のトレーダーによって広く共有されている主張でもある。

ある匿名のデリバティブトレーダーは、リップルには「有望な技術」があるかもしれないが、その技術の約束がXRPに2017年に見られたものと一致する利益を経験させるという保証はないと説明している。

XRPの下のチャートを参考にして、アナリストは書いている。

xrp similar charts
複数のアルトコインチャートの比較。

“ここには、『有望な技術』を見出せる数百の仮想通貨の10年チャートのほんの一部がある。これらに似ているところがあるだろうか?これらの同じ通貨の多くには、まだ来るべき高騰について話している人々が多くいる。”

テクニカル面でも明らか

テクニカル面では、あるトップトレーダーは、仮想通貨(暗号資産)のマクロチャートが「最も恐ろしいチャート」の1つであると警告し、下降局面での歴史的流動性の欠如に言及し、XRPがどのように重要なサポートラインを拒否されたかを指摘している。

XRP price crash
リップルの価格暴落

この弱気なセンチメントは、長年のコモディティトレーダーであり、ビットコインの強気派のピーター・ブラント氏によって発信された。ブラント氏は、XRPの長期チャートが非常に弱気であると説明した。それは、歴史的なサポートや流動性がほとんどなく、価格の下に「空白地帯」しかないからだ。

ブラント氏は、チャートがXRP の予測の話であることを伝えていないが、多くの人は、リップルが一桁セント(それかさらに低い)の価格に下落する仮想通貨になるサインとしてこの声明を受け取った。

失速するのはリップルだけではない

XRPが特別視されているように見えるかもしれないが、仮想通貨(暗号資産)取引コミュニティでは、すべてのアルトコインが失速するかもしれないという恐怖感が高まっている。

あるアナリストは、アルトコインは常に “椅子取りゲーム “であり、それらが上昇している理由はすべて “赤旗”であり、根本的な進展を遂げているわけではないと述べている。

「アルトコインが納得できないのは、全て同じパターンで価格が連動しているからだ。すべてのIEO、相互運用性、プライバシーコインが一緒に動いている。」

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)