イーサリアムが14%急騰、その3つの理由はここにある

note:本記事はTREVOR SMITH氏の記事の翻訳記事です。

Ethereumの価格は先週、過去24時間で最大の上昇を記録し、価値が急上昇した。いくつかの注目すべき要因がこの上昇に寄与しており、今後のプラットフォームに強い影響を与える可能性がある。

1. DeFIがプラットフォームを再定義

ここ1年で、ブロックチェーン空間の主要な要素として、分散型金融(DeFi)が台頭してきた。DeFiには、スマートコントラクトを使って資産の貸し出し、ヘッジ、スワップを行うあらゆるプロジェクトが含まれる。これらの機能を実行できるブロックチェーンプラットフォームは数多く存在するが、Ethereumはこの分野で圧倒的な地位を確立している。

現在、7億4500万ドル以上がDeFiに保管されており、そのほとんどがEthereumネットワーク上にある。これは1年前の2倍以上の数字であり、3月には減少したものの、再び増加しています。投資家が注目していることは間違いなく、彼らはこれがEthereumを金融市場の主流に押し上げる可能性を秘めていることを理解している。

Makerは圧倒的に最も人気のあるDeFiプラットフォームであり、それはEthereumの強さに拍車をかけている。しかし、より多くのDeFiプロジェクトが登場している。また、Chainlinkは最も人気のあるオラクルネットワークだが、これもEthereum上で動作しており、多くのDeFiプロジェクトで重要な役割を果たしている。

2. イーサリアム先物が急騰

価格が回復するにつれ、取引量も増加している。特に注目すべきは、過去24時間の間にEthereumの先物取引が大幅に急増したことだ。SkewAnalyticsは、Ethereumの現在の価格上昇と先物取引量の間に密接な相関関係があることを示すデータをTwitterに投稿した。

OkExが明らかに上昇をリードしており、先月には取引量で最大のデリバティブ取引所として発表されたばかりで、アジアでのEthereum取引への関心の高さが伺える。

注目すべきは、一般的に先物の取引量が大きく跳ね上がるとボラティリティが高くなり、多くの投資家がEthereumの価格にロングベットすると、価格の修正が急速に起こる可能性があることだ。

3.セレニティのアップグレードが近づいている

7月には、世界第2位の仮想通貨(暗号資産)がこれまでで最大のアップグレードを受けることになっています。「Serenity(セレニティ)」と名付けられたEthereum 2.0は、プラットフォームをプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・アーキテクチャへと移行させる。また、Ethereumのスケーリングソリューションにおいて重要な役割を果たすことになるため、トランザクション能力が大幅に向上します。

2月に開発チームはRedditのAMAを開催し、Serenityが予定通りに起動することに大きな自信を示した。Ethereum 2.0が稼働すれば、プラットフォームのエコシステム全体を根本的に変革し、世界規模での大量利用への扉が開かれると期待されている。したがって、投資家は価値が大きく跳ね上がることを期待している。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)