イーサリアムが200ドルに迫る

ビットコインが0.7%しか上昇していないのに対し、Ethereumは他の仮想通貨(暗号資産)よりも上昇を続け、今日は4%上昇した。


イーサリアムは188ドルからさらに10ドル上昇し、現在の価格である195ドル付近に到達した。

今日はずっと195ドルの水準で推移しているが、全体的な傾向としては、今週の多くの期間、そして今月全体でさえも上昇している。

Ethereum's price action this April 2020

イーサリアムの2020年4月の価格行動

他の仮想通貨(暗号資産)よりも上昇しているこの傾向は、何が原因かは不明だが、一般的な回復は、すべての仮想通貨(暗号資産)や株式でも発生している。

しかし、イーサリアムの場合は、回復が少し早まっている。考えられる理由の一つは、ETH上で動作している多くのトークンが少しバブルに突入しているようなのだ。

Hexはその巨大で急速な上昇により、明らかなものだが、ビットコインの市場シェアが今週の多くの期間にわたって低下している。

もう一つの理由は、ethereum 2.0のコーディネーターであるダニー・ライアン氏が、”ETHの強化のために “と言っている新しい仕様のバージョンをリリースしたことで、ethereum 2.0のテストネットに向けての進展がったためかもしれない。

Prysmatic社の1つのクライアントテストネットが先週から成功裏に稼働しており、現在は32のテストネットのETH預金のような状態で22,000人のバリデータに到達している。Prysmaticのポール・ジョーダン氏はこう述べている。。

私たちはテストネットの59%しかコントロールしていませんが、97.4%のアクティブなバリデータが適切にブロックを提案し、一貫してブロックに対する投票を行っています。

Prysmatic Labsの内部では合計8つのノードしか稼働していませんが、ネットワーク内では300以上のピアがアクティブなノードを確認しています。

Lighthouseは、シングルクライアントテストネットも、うまくいけば来週には立ち上げる予定で、現在の主要なマイルストーンは、実際のマルチクライアントテストネットだ

もうすぐ5月なので、マルチクライアントテストネットは6月が楽観的かもしれませんが、その頃には起動するかもしれない。

ライブ・ローンチの新しい目標日は今のDevconであるべきだろうが、3ヶ月間問題なく動作させる必要があるので、それは9月頃になるだろう。

ただ、今年のDevconがあるかどうかは未確定だ。今年中にはあるはずだが・・・もう決まっているのだろうか?

もし決まっていないのであれば、ライブローンチの見通しがDevconで現実的に達成可能であると仮定すると、ロンドンで開催されるべきだろう。

あるいは、ハッカーシーンがあるベルリンや、今年は大きなイベントになることを期待して他の大都市で開催することも考えられる。

(翻訳元: trustnodes.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)