【悲報】イーサリアム2.0が7月にローンチする話、聞き間違えだった

すでにイーサリアム 2.0の7月ローンチの話を聞いているだろうか?さて、イーサリアムの共同創設者、ヴィタリック・ブテリン氏はカンファレンスでの質問を聞き間違えていたとして、ローンチは第3四半期であると再度回答した。


参考記事:【朗報】イーサリアム2.0、7月にローンチ予定!

7月のローンチ日を議論しているTwitterの会話の応答で、ヴィタリック氏は次のように答えている。

「ええ、ローンチは「7月」とは言っていない。おそらく質問に「7月」という言葉が含まれていたのでしょうが、質問されたときに「7月」とは聞いていませんでした。間違いなく「7月」という言葉を聞き逃すべきではなかったのでしょうが、それは私のミスです。」

それは、現在進行中である暗号資産業界最大のカンファレンス「コンセンサス」で昨日起こった。ヴィタリック氏は、ローンチが ‘軌道に乗っている’と発言したときに、質問を聞き間違えてしまったのだ。2月の初めには、別の開発者が7月のローンチに95%の自信を持っていると語っていたが、それは彼が「まだ軌道に乗っている」と答えた記者によって参照されいた。後日、主催者であるCoindeskへのメールの返信で、彼は明らかにしている。

「私の実際のスタンスとしては、イーサリアム2.0は予期せぬ障害がなく、テストネットも順調に進んでいるという意味では「軌道に乗っている」と考えていますが、スケジュールについてはクライアントの開発者に委ねています。」

衝撃と驚き

2019年以降、開発チームは第2チェーンの初期立ち上げを相次いで進めてきたが、いずれも完了していない。最後の重要な開発は、PoS(Proof of Stake)プロトコルの開始だったが、それは、DAppsアプリケーションとスマートコントラクトプラットフォームのないパブリックテストネット上でのみ行われていた。

それにもかかわらず、コミュニティは7月のローンチに期待していた。OkcoinのCOOは、彼らに惑わされていることに不信感を表明した。彼はツイートした。

ショックだよー。でも、他のコミュニティの人も7月だって言ってたのに!

さらに、以前CoinGapeでも報告されていたように、最初の4ヶ月間でイーサリアム 2.0の進捗状況を考えると、7月のローンチはまたしても全体設計の一部に過ぎなかったことになる。完全移行が2021年にずれ込んでいるようで、支持者や投資家の間では確信が持てなくなってきているようだ。

複数のハードルが待ち受けている中で、あなたは、このような状況に賭けるだろうか。

(翻訳元:CoinGape

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)