ブロックチェーンとIoTの違い

blockchain

ブロックチェーンと「IoT(モノのインターネット)」という言葉はよく並んで登場するが、これらの技術革命の真の意味を理解するためには、実際にそれらが何であるか、そしてもちろん、それらがどのように連携して機能するかを理解する必要がある。


周知のとおり、ブロックチェーンは信頼性が高く安全なネットワークであり、さまざまなプロセスを自動化したり、ストレージソリューションを提供したりすることができる。ブロックチェーンは単に金融に限定されているわけではなく、ゲームからギャンブル、さらには監査証跡まで、さまざまなプロセスを促進するために使用することができる。

Internet of Things(モノのインターネット)とは、インターネットが新しい段階へと進化していくことを意味している。従来、インターネットはネットワークであり、ユーザーがデータや情報にアクセスするためのポータルとしてコンピュータを利用することができる接続性のネットワークであった。IoTはそれを一歩踏み込んで、これらのコンピュータやデバイスが相互に接続されているもの、連携して動作するもの、インターネットに接続しているものなどの技術を指す。

例えばスマートフォンを例にとると、スマートフォンはインターネットを利用するだけでなく、インターネットとの相互作用を可能にしてくれる。

ブロックチェーン技術とIoTがどのように連携できるかを理解することが重要です。もしそうでなければ、IOTAのようなプロジェクトは存在しないだろう。IoTはブロックチェーンの成長を助けることができ、実際、ブロックチェーン技術は成長するIoTの世界の見通しを向上させることができる。

IOTAのタングル

Jaxenter氏はこう語る。

「企業は、ブロックチェーン技術を利用して価値を得るために、その技術に接続する方法を必要としています。これは、企業がすでに使用しているアプリケーションやプラットフォーム(SalesforceやSAPなど)とブロックチェーン技術を統合して、データを使用可能な形式でアクセスできるようにすることを意味します。IoT技術を追加し、ブロックチェーンを使ってデータを共有することは、メーカーにとって自動化されたコンベヤベルトや基本的なプロセスの最適化と同じくらい一般的なものになるでしょう。潜在的なメリットは非常に広く、相対的なコストは非常に低いため、この技術に価値がないと判断する企業はごく一部になることでしょう。」

(翻訳元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)