コロナウイルスのロックダウンの影響で、仮想通貨(暗号資産)ギャンブルが大人気に

少額の現金を数千、数百万ドルに変えるという考えは、特にこのコロナウイルス大流行期には誰にとっても魅力的な考えだ。しかし、公平性や匿名性といった伝統的なギャンブルの核心的な問題が、ユーザーにとっての参入障壁となっている。この記事では、成長するギャンブル市場、伝統的な市場に関連する問題、そして分散型ギャンブルプロジェクトが業界で提供する解決策を探る。


COVID-19 ロックダウンがオンラインギャンブルの成長に拍車をかける

多くの市民は、彼らが持っている余分な現金を増やすための暇つぶしとして、ギャンブル活動に勤しんでいる。例えば、4月22日、地元のニュース報道によると、宝くじ会社のテキサス・ロトリーによる毎週の物理的な宝くじスクラッチカードの販売額は、2020年4月18日に終わる週に1億1200万ドルを突破し、2019年の水準と比較して16%の大幅な増加を記録したという。

世界中でCOVID-19パンデミックによるロックダウンが施行される中、ギャンブル業界は大規模な成長を遂げている。しかし、ギャンブルへの巨大な関心は、世界中で物理的な接触が最小限に抑えられていることを考えると、現在のところ限られている。これは、ほとんどのプレイヤーが徐々にオンラインギャンブルプラットフォームに向かって移動していることを意味する。しかし、従来のオンラインギャンブル市場には核心的な問題が存在するため、それゆえに解決策を提供する分散型システムの必要性が指摘されてきた。

ロックダウンが続く中、プレイヤーは効率性と透明性を求めて分散型ギャンブルシステムへの乗り換えを進めている。

従来のオンラインギャンブルが直面する問題

ここでは、従来のオンライン・ギャンブル・プラットフォームに見られるプレイヤー中心の問題をいくつか挙げてみよう。

オンラインギャンブルサイトの成長は、ここ数年、賞金の公平性、ランダム性の透明性、当選賞金の透明性といった核心的な問題に阻まれてきた。それにもかかわらず、オンラインギャンブルシステムは、プレイヤー中心の問題と企業中心の問題に悩まされており、消費者は参加するのを躊躇している。

ブロックチェーンの登場

ロックダウン中の宝くじシステムやギャンブルプラットフォームへの需要の高まりを受けて、分散型プロジェクトは、ユーザーに莫大なリターンと効率的なプラットフォームを提供するための要を担っている。なぜブロックチェーンなのか?

“ブロックチェーンは貴重な取引の記録を保持し、チケットの販売、ジャックポットの勝利、投資、手数料など、すべての関係者に透明性と公平性を持たせることを可能にします。”

ブロックチェーンが宝くじ/ギャンブル業界を改善

ブロックチェーンがどのように宝くじシステムを改善するかを説明するために、世界的な分散型宝くじプラットフォームをユーザーに提供することを目的としたパブリックブロックチェーンであるLotto Nation(ロトネーション)に焦点を当ててみよう。

プラットフォームの公式ウェブサイトによると、ロトネーションのプラットフォームは、ウィナーズグループの既存のフレームワークと統合される。これにより、Ethereumブロックチェーン上の堅牢なスマートコントラクトベースのギャンブルで構築されたハイパーコネクテッドネットワークとして機能する、分散化された自動化されたエコシステムが構築される。

ロトネーションのような分散型ギャンブルプラットフォームが、従来のオンラインギャンブルにおける根深い問題をどのように解決しているかを紹介しよう。

  • 世界中に分散化されたギャンブルシステム:ブロックチェーンベースの宝くじによって解決される最大の問題の1つは、世界中のユーザーが異なる種類のギャンブルにアクセスできるようになるということだ。これにより、集中型オンラインギャンブルに課せられた地理的制限がなくなり、世界中どこでも実行可能なギャンブルを提供することができる。
  • 透明性のあるな賞金システム:分散型ギャンブルシステムは、賞金の分配やチケットの販売方法にも透明性を持たせている。
  • RNGのオープンソースコード:パブリックブロックチェーンはオープンプラットフォームであり、ギャンブルの作成者に取引の誠実さを強制する。いくつかの分散型ギャンブルプラットフォームもオープンソースのRNGを採用しており、ギャンブルの公平性を確保している。
  • ソーシャルな側面:オンラインギャンブルサービスが見逃している重要な分野の一つに、ゲームのソーシャル化がある。分散型ギャンブルは、プラットフォームにソーシャルな概念を導入している。
  • 抽選操作の手数料の削減:ブロックチェーンは、価値を送る際の取引手数料を削減することで有名だが、ギャンブルプラットフォームでもそれは変わらない。最低限の運営コストのため、余計な手数料なしでギャンブルに参加できる。

結論

新型コロナウイルスの猛威が当分の間続くと予想される中、分散型ギャンブルや宝くじシステムはこの時期にも成長を続けると予想されている。ブロックチェーン上で小さく賭けて大きく勝つ力を試し、中央集権型オンラインギャンブルプラットフォームの問題点を回避するには良い時期だろう。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)