ダークネットでビットコインのミキシングサービスの利用が増加

Bitfuryの暗号資産分析ユニットCrystal Blockchainの新しいレポートによると、ダークネットによるビットコインのミキシングサービスの利用が増加しているという。


火曜日に発表されたこのレポートによると、ダークネットがミキサーに送るビットコインのシェアは、2019年第1四半期にはわずか1%だったのに対し、2020年第1四半期には20%にまで上昇しているという。

一方、検証が必要な暗号資産取引所に送られたビットコインのシェアは、2019年第1四半期の24%から2020年第1四半期には13%に減少した。

「これは、取引所の規制と検証プロセスの増加に対応している可能性が高く、ダークネットのビットコイン所有者がコインの出所を難読化するために他のサービスに向かっていることに起因している。」

とCrystal Blockchainは書いている。ビットコインミキサーは、複数のユーザーからの支払いを1つのトランザクションにまとめ、その出所を隠蔽する機能を持つ。

全体では、2019年第1四半期の790ビットコインに対し、ダークネットのユーザは2020年第1四半期に7,946ビットコインをミキサーに送金した。米ドル換算では、2019年第1四半期の300万ドルから2020年第1四半期には6,700万ドルへと急成長したが、その金額は、2019年第1四半期の3,000万ドルから2020年第1四半期には6,700万ドルへと大幅に増加した。

ダークネットのユーザがダミキシングサービスから受け取ったビットコインの金額も、2019年第1四半期の106ビットコインから2020年第1四半期の288ビットコインへと3倍に増加している。米ドル換算では、2019年第1四半期の40万ドルに対し、2020年第1四半期は200万ドル近くに増加した。

「より多くの取引所がFATF(金融行動タスクフォース)の要件を実施する一方で、ダークネットユーザーは、それらの取引所による活動のベールを剥ぐリスクを回避しようとしている。ダークネットの活動を包み隠すために、彼らは仮想通貨の引き出しのために取引所よりもミキシングサービスを好むようになった」

全体的に、ダークネットが送受信したビットコインの総量は、2019年第1四半期と比較して2020年第1四半期に減少した。これは、アルトコインの利用が盛んになっていることが原因ではないかとCrystal Blockchainは述べている。

「しかし、米ドルに換算すると、ダークネットで交換された金額は増加しており、2019年第1四半期の3億8400万ドルから2020年第1四半期には4億1100万ドルになっている。これは、ビットコインの資本金が増加していることや、ビットコインのさらなる大量採用が進んでいることも一因となっている。仮想通貨の利用がますます容易になるにつれ、この決済方法の人気は着実に高まっている」

(翻訳元:theblock

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)