仮想通貨取引所バイナンスCEO「競合他社にやられた」:DDoS攻撃を受けて

世界一の暗号資産取引所バイナンスCEOのCZ氏が5月4日にCointelegraphに語ったように、4月29日の攻撃は「よく練られた」もので、アジアの一部の国でBinanceのサービスを利用できないようにすることに焦点を当てていた。


攻撃の背後には競合他社が?

CZ氏は、このような攻撃が競合する取引所から来ていることを示す「いくつかの物語る兆候」があると強調した。

BinanceのCEOは声明の中で、DDoS攻撃はハッカーにとって取引所そのものよりもコストがかかると述べた。

CZ氏は、具体的なDDoS攻撃のターゲットに関する詳細を提供した。

“攻撃は、標的とされた地域のすべてのパブリックエンドポイントに同時に集中した。当社では、世界の隅々からのユーザーアクセスのパフォーマンスを最適化するために、幅広いキャッシング、クラスタリング、および配信サービスを使用している。そして、地域ごとに異なるサービスとアーキテクチャの組み合わせを使用している。”

Binanceに対する疑惑の「ブラックメディア」キャンペーン

一方、CZ氏は、中国の業界を例に挙げながら、Binanceに対する “ブラックメディア “の協調性の高い取り組みがあると主張している。そこでは、”金を払うまでネガティブな記事を書く “責任を負う “ブラックメディアの業界全体 “が存在すると主張している。

BinanceのCEOは、これらの「ブラックメディア」がBinanceの競合他社からの支払いを受け入れているため、Binanceに対してより多くのネガティブな記事を書き続けていると主張している。

CZは次のようにコメントしている。

“あなたが業界に長くいるなら、彼らが誰なのか知っているはずだ。中国のコミュニティでも常識だが、なぜか業界はまだ存在している。攻撃が軽微な影響を示してから5分も経たないうちに、我々のサービスがいかに信頼できないか、Binanceのせいにできるすべてのネガティブなことについての長い記事が掲載された。”

DDoS攻撃に話を戻すと、先週の木曜日と金曜日に第2波と第3波の攻撃があったが、取引所が自衛策を講じていたため影響はなかったことを明らかにした。

Binanceの取引量が過去最高に急上昇

CZ氏は、攻撃を受けた当時、Binanceは過去最高の取引高を記録し、攻撃後24時間で170億ドル相当の取引高を記録したことを強調した。

3月初めにCointelegraphが報じたDDoS攻撃は、他の暗号資産取引所であるOKExとBitfinexを標的にしており、Binanceの攻撃との関連性が疑われていた。

(翻訳元:CoinTelegraph

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【祝】イーサリアムが1000万ブロック突破!しかし今後の課題も

火 5月 5 , 2020
イーサリアムコミュニティは2020年5月4日(月)、ブロックチェーンの1,000万ブロック目のブロックが採掘されたという大きな節目を迎えた。