【注目アルトコイン】CyberVein (CVT) について紹介!【ディレクターインタビュー】

CyberveinのマネージングディレクターであるJack Ge氏との独占インタビューでは、開発、デザイン、暗号トークノミクス、効率的なデータベース管理のためのネットワーク利用の利点などについて話し合っている。また、プルーフコンセプト(Proof of Contribution)、Cyberveinプロジェクトの将来性など、新しいトピックについても話し合っている。それでは、始めよう。

Q1. 読者の皆様にCyberVeinを簡単に紹介していただき、どのようにして暗号エコシステムに貢献しているのかを教えていただけますか?

Cyberveinは2017年にシンガポールで設立された非営利団体「CV Technology」から資金提供を受けている。

私たちは正確には単一のブロックチェーンプロジェクト、いわばパブリックチェーンプロジェクトではない。私たちは、ビッグデータ業界の問題点をターゲットにした3つの異なる製品で構成されているビッグデータソリューションであり、それらは次のとおりだ。

  • データ管理のためのPISA分散データベース
  • 保管・バックアップに力を入れているセキュリティのためのDAGストレージチェーン
  • データマネタイズのための統合学習プラットフォーム

私たちは、パフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、分散化のいずれかを推進している暗号通貨とは実際には全く異なる。私たちはむしろ現実世界のアプリケーションに焦点を当てているからだ。

ヒューマンファクターを排除することはできない。私たちは、不変性の根源に焦点を当て、データである現在の技術を遵守している。

Q2.  アーキテクチャ設計について、他のDB管理プラットフォームと比べてどのように優れているのか、読者に説明していただけますか?

3つの製品で構成されるビッグデータプラットフォームを構築している理由は、データのプライバシー、セキュリティ、マネタイズに関する懸念が高まっているからだ。実際に数ヶ月前に中国で、あるプログラマーがたった数行のコードを削除しただけで、数百万ドル相当のデータを失ったという事件があった。ちなみに、私たちが考案したのではなく、Googleが元々のアイデアを出したのだ。

基本的には、Federated Learningからプライベートストレージを常に進化させ、DAGネットワーク上にバックアップすることで、より安全性の高いデータベースを構築しているだけだ。フェデレーテッドラーニングは、データの収益化のために安全でコンプライアンスに準拠した環境を提供している。集中的なデータ収集は多くの問題をもたらすので、機械学習のワークフローを変える。

我々は、特にビジネス自体のために適したアクションのすべてのデータの状態を保証するPISA分散データベースを持っている。 DAGネットワークは、パブリックブロックチェーン上のバックアップを提供する。

データベースの状態はコンソーシアムに記録されていますが、バックアップはDAGネットワークに保存されており、シャード化されている。

分散されており、ワークフローが異なる。しかし、フェデレーション学習では、実際にモデルをローカル端末で学習させている。

私たちのブロックチェーンは、プライマリーストレージに集中型サーバーを使用しているため、パフォーマンス面では一流ではあらない。しかし、その点を妥協することで、セキュリティとスケーラビリティを向上させている。また、既存のビジネスに対しても完全なソリューションを提供している。

Q3. Cyberveinの仕組みについて教えてください。Proof of Contributionはどのように機能するのでしょうか?

Proof of Contribution は Proof of Storage に似ている。さらに、公開DAGの保存は任意だ。データベースは会社のサーバー自体に位置していますが、何が付属しているかというと、DAGネットワークを使用することを選択することができる。データベースはDAGネットワーク上でミラーリングされ、バックアップされる。

貢献者<コントリビューター>になれば、その分の報酬が得られる。そして、連携学習のためにデータが持ち出されるたびに、私にも報酬が与えられる。

私たちのネットワークでは、1と0とシャードファイルだけだ。これは、攻撃のインセンティブを取り除くことで、セキュリティ上のアキレス腱を排除する。

Q4. Cyberveinは医療分野の研究でも使用例がありますが、現在のような状況にどのように貢献できるのでしょうか?現在のような状況にどのように貢献できるのでしょうか?

医療業界では、ビッグデータのプラットフォームとして、実際に3つの製品をまとめてテストすることができた。Cyberveinは自分たちだけで開発したわけではあらない。中国の浙江大学との研究室でソースコードを開発した。

最初にテストしたことの一つは、大学内の医療機関と一緒にビッグデータのテストを行ったことだ。これは、基本的にはすべてのデータをまとめて収集するようなもので、彼らの苦情の問題は含まれていない。今回のパンデミックでは、多くの問題が発生した。私たちはQRコードシステムを持っている。ある都市の人々はコードをスキャンして、その都市の安全を証明することができる。

基本的に、我々はセキュリティとスケーラビリティを得るために、パフォーマンスを少し犠牲にしている。

Q5.2020年のコインの中で、CVTは現在までトップパフォーマンスのコインです。それをどのように反省していますか?今年は何が良かったと思いますか?

主に、R&Dラボが分散型データベースを完成させたからだと思う。PoCコンセンサスを行い、フェデレーション学習のためのデータ管理を終えた。私たちは、データベースの状態とアクションを保存するタイムマシンのような役割を果たすブロックチェーンを持っている。

また、ビジネスが独自のサイドチェーンやトークンを作成できるようにデータベースをサポートしている。私たちは、シーフード会社とチケット会社で私たちのプラットフォームをテストしたが、彼らは独自のトークンを作成してビジネスを運営し、目的を実現することができた。

CVTUSD
Okex(TradingView)上のCVT/USDTの価格チャート

我々はまた、アカウント管理、SDK、APIを開発し、同様に実行中の堅実性ベースのスマートコントラクトを提供している。さらに、私たちのブロックチェーンブラウザは分散型アプリケーションへのアクセスを提供しており、クロームでもブロックチェーン拡張機能として使用することができる。

Q6. Cyberveinではデータの収益化はどのように行われていますか?

現在、DAGネットワークを当社の分散データベースと統合するための開発を進めている。PoCを考え出した。投票システムがあり、すべてのトークンホルダーがネットワーク内の貢献者を選ぶことができ、報酬を得ることができる。これまでにテストしてきたトークノミクスは、かなりうまく機能していると思う。

データ供給者はストレージへの貢献者のためにストレージの費用を支払わなければならず、データ取得者は医療開発のために病院からデータを取得しているので、データ供給者とストレージにトークンを支払っている。

データ供給者もまた、ビジネスディールがあれば、モデルのために支払いる。私たちは、トークンの流通を定義している途中だ。また、「Cybervein」で稼いだ収益はすべてネットワーク上のそれらの取引から取られ、トークンはすべてバーンされることになる。

これはアメリカ人がナスダックを押し上げた方法であり、私たちも同じようにしようとしている。私たちは、トークン価格と技術開発の間の複雑なバランスを維持するつもりだ。

Q7. あなたのチームはコロナウイルスのロックダウンにどのように対処していますか、また、それはあなたのロードマップに影響を与えていますか?

私たちはグローバルにいくつかの異なる拠点を持っている。現在、中国の深センにはコアマネジメントチームがいるが、リード開発チームは浙江大学のラボにいる。

2つのチームの作業は、流行病が蔓延していたため、今年の初めに影響を受けてしまったが、Slack、Telegram、Zoomは私たちの友人になってくれた。実際、毎日の通勤時間が短縮され、すべてがうまくいっている。それにもかかわらず、マーケティングチームは深い影響を受けている。

もしパンデミックがなければ、大規模なハッカソンの計画を立てていた。それらは実行されていないが、オンライン上ではかなりうまくいっている。

アメリカ、イギリス、インド、トルコ、スイス、日本でのグローバルミートアップとハッカソンは延期になった。パンデミックは世界的にコントロールされつつあるようで、うまくいけば、また動き出すことができるだろう。

Q8. Cyberveinの次の一手は何ですか?

2019年の初めに、スマートドバイのブロックチェーンを構築するためのデータ交換の開発コンペでドバイに行った。しかし、私たちのモデル全体の不完全性により、結果では2位となった。

1年後、Cyberveinは企業へのデータベース管理ソリューションの提供とともに、高度なAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)モデルにも対応できるようになった。

パンデミックが終われば、ドバイエキスポと連携して「チケットソリューション」を提供する予定だ。世界で最も豪華で最大の博覧会の一つであるドバイエキスポでは、それは非常に大きなことだと思う。マーケティングチームは、今後数ヶ月の間に広く認知され、パートナーシップを築くことを目指している。

総括

Cybervein(CVT)はOKExとHitBTCでトークンの取引が可能だ。今年注目のアルトコインといえよう。

(翻訳元:coingape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)