サイバー犯罪者達は盗んだビットコイン隠しに必死

scam

仮想通貨関連の犯罪者は、盗まれた資金の流れを隠すために、より多くの方法を模索するようになってきている、と報告書は述べている。

キーポイント

・過去2年間で、盗まれた仮想通貨の量が増えている。
・セキュリティ侵害の件数もピークを迎えている。
・報告書では、ハッキング後のお金の動きが示されている。

クリスタル・ブロックチェーンの最新レポートによると、急速に進化するクリプト業界の風景は、サイバー犯罪者たちに、盗まれたビットコインやその他のクリプト通貨の取引の流れを難読化するための努力を強いている。

仮想通貨取引所や仮想通貨トレーダーの数が増加している一方で、通常は経験の浅いユーザーをターゲットにして資産を盗もうとする犯罪者にとっては、多くの機会を提供している。

アナリストによると、サイバー犯罪者は現在、盗み出された資金をはるかに迅速に隠していることがわかった。これは、盗まれた資金の量とセキュリティ侵害の数の両方が2019/2020年に過去最高のレベルに達していることから来ている。

報告書によると、以前は仮想通貨犯罪者が盗まれた資金を1年まで保有していたが、現在は28日以内に資金を隠し始める傾向があるという。これは、盗まれた資金がもみ消されるまでにかかる時間が13倍に短縮されたことを指摘している。

報告書の著者らは、このような劇的な変化の潜在的な理由として、法執行機関からの注目度が高まったことや、さまざまなブロックチェーン分析会社の出現など、仮想通貨産業の一般的な発展が挙げられると指摘している。

ブロックチェーン・フォレンジック・プラットフォームは、ブロックチェーン上の取引を監視して、悪質な行為者を特定し、盗まれた資金の動きを監視するために設計されている。彼らは特定のアドレスにリスクの高いものとしてタグを付け、法執行機関と協力して資産が売却されるのを防ぐ。

クリスタル・ブロックチェーンによると、「これにより、仮想通貨犯罪者の行動に変化が生じ、盗まれた資金の取引の流れをより正確に絡め取り隠蔽するために、より一層の努力をするようになった 」という。

その他の調査結果によると、ハッカーは検証が必要な集中型取引所に資金を移動させず、代わりに検証が行われていない取引所に資金を送金する傾向が強まっている。本人確認が必要な取引所を経由して引き出された盗難資金の金額は、53%からわずか8%に減少している。

また、サイバー犯罪者がミキシングサービスを利用するケースも増えている。2015年には、ミキサーは盗まれた資金の5%を受け取っていた。しかし、昨年は27%に急増している。

(翻訳元:DeCrypt

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ビットコインはいつ、どのように600万円台まで回復するのか

木 2月 25 , 2021
本稿執筆時(2021/2/24)点では、ビットコインは5万ドルレベル付近で取引されており、2月23日 […]