「仮想通貨(暗号資産)は違法なものを購入するためのものだ」というのは神話だ:調査報告

仮想通貨(暗号資産)は、多くの人に信じられている以上に、支払い手段としてうまく利用されている。Visual Objectsが実施した調査では、調査の回答者の3分の1は、ほとんどが株式や違法なアイテムを購入するために使用されていると考えているが、仮想通貨(暗号資産)ユーザーはビットコインやその他の仮想通貨(暗号資産)を食料品や衣類を購入するために使用していることが調査により明らかになった。

一般的な考えに反し、仮想通貨(暗号資産)の所有者は、主に食品や衣服を購入

ビットコインやその兄弟通貨のボラティリティの高さは、信頼できる支払い手段としての仮想通貨(暗号資産)を普及させたい人たちにとって障害となっているが、最近の調査では、仮想通貨(暗号資産)の所有者は仮想通貨(暗号資産)で物を買うことを気にしておらず、そのほとんどが合法的であり、平凡な購入に関するものであることがわかった。

Visual Objectsは、仮想通貨(暗号資産)に詳しい983人と157人の仮想通貨(暗号資産)所有者を対象に調査を行った。最初のグループでは、仮想通貨(暗号資産)の所有者が購入したいと考えるものを訪ねた。40%の人が、仮想通貨(暗号資産)は主に株式を購入するために使われると答え、30%の人が違法なものを挙げていた。また、仮想通貨(暗号資産)の所有者が衣類(15%)や食品(14%)を購入することを回答した人は非常に少なかった。

実際には、少なくとも仮想通貨(暗号資産)の所有者自身の観点からこのグラフはかなり異なっている、彼らは、食品(38%)、衣類(34%)、株式(29%)、金(21%)を購入するために仮想通貨(暗号資産)のウォレットを使用していると述べた。15%は武器を購入し、11%は仮想通貨(暗号資産)で麻薬を購入したことを認めた。

Cryptocurrency
出典: Visual Objects

調査では、仮想通貨(暗号資産)は一般の人が考えているよりも頻繁に日常的な購入に使用されていることが示唆された。仮想通貨(暗号資産)所有者の72%が、デジタルウォレットを商品を購入するために使用していると回答している。

所有者グループの中で最も人気のあるクリプトカレンシーはビットコインで、70%が保有している。次いでEthereum(27%)、Litecoin(20%)、Dogecoin(15%)と続く。

仮想通貨(暗号資産)のコミュニティは実用性重視

人々は、特にインフレ圧力で不換紙幣の信頼性が低下すると、仮想通貨(暗号資産)を使って商品を購入するようになるだろう。

年初、米保険会社ハートフォード・スチームボイラー(HSB)が委託した調査によると、米中小企業の36%が仮想通貨(暗号資産)による支払いを受け入れているとBitcoinistが報じている。

先月、Coinbaseは自社のカードをGoogle Payでの買い物に利用できると発表した。

(翻訳元:Bitcoinist

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)