恐怖がピークに達した仮想通貨(暗号資産)市場はビットコインの大きな回復がすぐそこまで来ていることを示す:アナリスト報告

Translated from: Tony Spilotro’s article

ビットコインの価格が7,000ドルを大きく超えて爆発的に上昇し、市場の他の部分が時価総額で主要な通貨を上回っているため、今週の仮想通貨(暗号資産)市場は火の海となっている。

しかし、「恐怖と貪欲」指数によると、市場全体で価格が急上昇しているにもかかわらず、市場は依然として極度の恐怖に包まれている。ある仮想通貨(暗号資産)アナリストは、投資家が恐れている間に価格が上昇していることから、市場は古典的な不信の段階にあることを示唆しており、次のデジタル資産クラスでの持続可能な長期的な回復の希望の最初の兆候であるはずだと語っている。

仮想通貨(暗号資産)市場のサイクルはどの段階にあるのか?

仮想通貨(暗号資産)アナリストは、市場が古典的な市場サイクルのどの段階にあるかについて長い間議論してきた。すべての市場には周期性があり、暗号市場にも違いはない。

金融市場や暗号資産でさえも、定期的に上昇トレンドと成長期を交互に繰り返し、その後に下降トレンドと下降トレンドが続く。

このようなサイクルの間、投資家はそれぞれのサイクルのどの位置にいるかによって、特定の感情を経験します。例えば、ピークが近くなり、サイクルがピークを迎えようとしているとき、投資家は継続的な成長を期待して、非合理的に高揚感を抱く傾向がある。

この段階では、投資家は自分が天才だと思い込み、大金持ちになろうとしていることが多いのだ。日に日に増えていくポートフォリオの数字に目がくらみ、目の前に崩壊が迫っていることに気づかない。

底の状態では逆のことが言えます。

古典的な「不信感の段階」は、ビットコインが「テイクオフ」する際に投資家を置き去りにする可能性がある

仮想通貨(暗号資産)の投資家は精神的に下降を期待するように仕向けられており、資産に嫌気がさし、回復への希望を失ってしまう。これは「不信感の段階」と呼ばれ、下降トレンドの最中に振り落とされたばかりの投資家に忍び寄ってくるものだ。

恐怖がピーク時の仮想通貨(暗号資産)センチメント
恐怖がピーク時の仮想通貨(暗号資産)センチメント

資産が再びポジティブな勢いを取り戻し始めると、投資家は上昇トレンドが始まっているというシグナルを無視してしまう。

投資家は、回復が本物であるとは信じておらず、また、回復に足かせがあるとは信じておらず、ポジションを取ることはない。早ければ早いほど、資産は強力な勢いで「テイクオフ」しており、投資家は回復が起こっていたという初期の兆候を無視するがために、彼らが望んでいたよりも高い価格で資産に戻って急な買いをしなければならない。

ビットコインと仮想通貨(暗号資産)市場の残りの部分の通貨は、3月中旬の極端な低値から値がほぼ倍増しているが、一方で、仮想通貨(暗号資産)市場の「恐怖と貪欲」指数は、これは非常によく、資産クラスが新高値に「テイクオフ」する際に、その粉塵の中で焼かれ、殴られた投資家を残したままの不信感の期間である可能性があることを示して、極端な恐怖の状態のままにあることを示している。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ビットコインキャッシュ(BCH)は水曜日に訪れる最初の半減期でマイルストーンに接近

火 4月 7 , 2020
2017年に激しいコミュニティの意見の相違によりビットコイン(BTC)からブレイクした仮想通貨(暗号資産)、ビットコインキャッシュ(BCH)が、ブロックチェーンの節目を迎えようとしている。