【速報】仮想通貨取引所GeminiがBasic Attention Token [BAT]を上場、5月5日(火)取引開始

ウィンクルヴォス兄弟が設立したクリプトカレンシー取引所Geminiは、2020年5月5日午後12時(米国東部標準時)にBasic Attention Token(BAT)トークンを上場する。タイラー・ウィンクルヴォス氏は自身のツイッターでこのニュースを世界に発信し、これはより良いインターネットを作るためのGeminiの取り組みであると述べている。

参考記事:bitFlyer, BAT(Basic Attention Token)の取り扱いを開始


BATトークンがGeminiに上場、今が上場のタイミング?

現在、coinmarketcapから入手可能なデータによると、BATトークンは市場価格0.188895ドル、時価総額27,53,20,215ドルで取引されている。BATトークンは現在、Binance、Kraken、OKExなどの有名な取引所で取引されており、2018年1月9日に0.95951ドルという史上最高値に触れている。BATは現在、史上最高値の約-80%で取引されており、ジェミニに上場したことでトークンの時価総額と価格が上昇することは間違いないだろう。

Basic Attention Token [BAT] lists at Gemini
BAT(Basic Attention Token)の価格推移

BATは、GoogleやFacebookのような巨人の独占によってオンライン広告が直面している課題に対処するための一歩と考えられており、BATは、中央集権的な広告業界に透明性とフェアプレーをもたらすことを目指している。タイラー・ウィンクルヴォス氏は彼のTwitterアカウントを介してこのニュースを共有している。。

より良いインターネットの構築に一歩近づきました。BATの取引は、今週の火曜日、5月5日(火)12時(東部標準時)に@Geminiで開始されます。一緒にやりましょう! cc @brave

タイラー・ウィンクルヴォス

ビットコイン、イーサリアム、XRPのトップ3コインの価格が上昇していることを考えると、ビットコインが半減期を迎えようとしている中、現在トレーダーがこれらのコインに集中しているため、でBATトークンが上場するタイミングについては、疑問の余地があるだろう。また、他のアルトコインは厳しい状況に直面している。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)