仮想通貨(暗号資産)デイトレード:初心者が知っておくべきすべてのこと

よく知られているように、仮想通貨(暗号資産)市場は非常に「忙しない」市場であり、そのボラティリティのために頻繁に変化する。

そのため、初心者にとっては、学ぶべき戦略が多く、参入するのは難しいかもしれない。様々な仮想通貨(暗号資産)取引戦略の中で、デイトレードが最も一般的だ。あなたはそれが何を意味するかを知らずに前にこの用語について聞いたことがあるかもしれない。

この記事では、あなたが仮想通貨(暗号資産)デイトレードの初心者として知っておくべきことをすべて紹介する。

しかしその前に、基本的な質問に答えてみよう- デイトレードとは何か。

デイトレードとは?

「日(デイ)」と「取引(トレード)」という言葉から、この言葉が何を意味しているのかを理解しておく必要がある。仮想通貨(暗号資産)のデイトレードは、仮想通貨(暗号資産)を購入し、同じ取引日にそれらを売却することを含む。

この取引戦略は、仮想通貨(暗号資産)市場に固有のものではない。それは、そのような外国為替、株式、商品、債券市場など、他のすべての市場に存在している。しかし、異なる点は仮想通貨(暗号資産)市場は常にオープン(市場に休みがない)という点だ。

クリプトカレンシーのデイトレードを始める方法

どのような方法でデイトレードを行うかは、トレーダーによって全く異なる。しかし、初心者として、ここでは仮想通貨(暗号資産)のデイトレードを始める前に従うべきステップをいくつか紹介する。

仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ

自分の取引に滞在する時間に応じて、クリプトカレンシー交換またはクリプトブローカーを選択する必要がある。取引手数料、最低保証金、あなたが取引したいコインの可用性に焦点を当てよう。あなたが日本に拠点を置いている場合は、bitFlyerやCoincheckのような人気のある取引所を採用することができるだろう。またあるいはBitMEXやByBitのような海外取引所を選択して大きくレバレッジを張るという選択肢もある。

参考:BitMEX vs ByBit レビュー:どちらの取引所がいいのか?(2020年版)

仮想通貨(暗号資産)取引所には、中央集権型と分散型(DEX)の取引所がある。どちらも理想的だが、ネット上で匿名性を保ちたい場合は、分散型の取引所が最適だ。実際、中央集権型の取引所のほとんどでは、本人確認をしなければならない。一方で、あなたはデイトレードのために複数の仮想通貨(暗号資産)取引所を利用することができる。ほとんどの場合、デイトレーダーは3〜4つのプラットフォームを利用している。あなたが効率的にそれらを管理することができる限り、複数の取引所を選択しても構わないだろう。

プランの設計

デイトレードを始める前に、従うべき計画があることを確認しよう。あなたの計画には、あなたが取引したいコイン、取引金額、チャートパターンの設定などが含まれている必要がある。これはいくつかの研究が必要だ。

初心者にとって、逆指値と指値売り注文は、デイトレードの計画に欠かせないものだ。また仮想通貨(暗号資産)デイトレーダーは、彼らの計画の中で取引ボットを利用している者もいる。ただしこれは注意して行う必要がある。

分析を行う

相場分析を実施することをおすすめする。デイトレードについては、100%ではないにしても売買チャートを理解していなければならない。取引時間帯は短いので、リアルタイムで起こる価格動向や変化に素早く対応する必要がある。

利益を上げる

すべてのトレードが利益を出すというのはこういうことなのだ。出金して利益を得るための理想的なタイミングに注意を払う必要がある。利益を得る前に、取引値が指値の売り注文に達してはいけない。

仮想通貨(暗号資産)のデイトレードでは、トレーダーは多くの場合、複数のトレードを介して小さな利益を得ることを目指している。一日の終わりには、各トレードの蓄積された利益が主な利益になる。取引ごとに支払わなければならない為替手数料を覚えておこう。仮想通貨(暗号資産)のデイトレードで利益を上げるには、損切りを覚えておく必要がある。各取引で損失を複数出してしまうと、その日の取引終了時に大きな損失を被る可能性がある。

結論

仮想通貨(暗号資産)デイトレードの初心者としては、日々変化する仮想通貨(暗号資産)市場を勉強し、理解するために時間を費やす必要がある。また、経験を積む必要があるのは言うまでもなく、これには時間が必要だ。

しかし、これらの取引に王道の方法はない。また、デイトレーダーは、様々な取引戦略を利用している。あなたはあなたの独自のプランを着想できる。しかしながら、あなたは上記の手順をうまく使いこなすことによって、損失を避けながらデイトレードを始めることができるだろう。

(翻訳・翻案元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)