楽しい仮想通貨ライフ!

CropBytes(CBX)を確実に入手するために。Bybitローンチパッド注意点まとめ

CropBytes(CBX)は上場されました

Bybitローンチパッドにて、CBXトークンの配布が行われ、CBX/USDTペアが取引可能となりました。

トークン配布時の価格は、$0.1でした。

今すぐBybitでCBXを購入

BybitがCBX配布用ローンチパッドを正式立ち上げ

Bybitのローンチパッド第二弾で上場するトークンは、CropBytes(クロップバイト、CBX)に決まりました。
CBXの詳細については以下をご参照ください。

【Bybitに上場】話題のトークンCropBytes(CBX)って?将来性は?どこで買える?

本日、IEOを行うBybitから正式にアナウンスがあり、ローンチパッドにも専用画面が出現しました。

Bybitローンチパッド上にCBXが出現

今回のトークンセールで販売される総数や、BIT(BitDAO)を保持しておく必要のある計測期間中のスナップショットについても詳細が公開されましたので、紹介します。

CBXを確実に入手するための注意事項

まず、今回配布される合計トークン数は、3,000,000CBXに決定しました。

そして、一人あたりが取得できるトークン数の上限は、5,000CBXに決定しました。

単純計算でいうと、参加者全員が5,000CBXを取得できる場合は、このローンチパッドに600人以下しか参加しない場合に限られますが、実際問題そんなことはないので、このわずかなCBXの購入権を参加者全体で分け合うことになります。つまり、参加するだけでは5,000CBXの購入権は得られないということです。

そして、購入権は、計測期間中に各参加者が現物として保有しているBIT(BitDAO)トークンの数に応じて配分されることになります。

計測期間について

計測期間:
2021年10月31日午前9時00分~11月5日午前8時59分(日本時間)

5日間にわたって、お客様のお客様の現物アカウント及びByFiアカウントにあるBIT残高を1時間毎に計算し、スナップショットとして記録します。
日次平均BIT残高 = 毎時間記録されたBIT残高の合計 ÷ 24

….

お客様がCropBytes (CBX)プロジェクトにコミット可能なBITの上限は、現物アカウントに保有している5日間の日次平均BIT残高に基づきます。ですから、今からBITを集めて、ローンチに備えよう!

Bybit

ここで注意すべき点は、日時平均BIT残高は、現物アカウント及びByFiアカウント(ローンチプールに預け入れているBITも含みます)における毎時間のBIT数に基づいて算出されるということです。同じByFiアカウントであっても、現物を二重資産マイニングに預け入れていたり、途中で売ったりすると、その時間から残高0BITとしてカウントされ、スナップショットとして記録される日時平均BIT残高は減ってしまいます。

なるだけ十分な現物BITを計測期間までに備えておき、ローンチプールに預け入れて動かさないでおくのが最適解だと思います。

計測期間中に日次平均BIT残高が50BIT以上だと、参加資格を獲得できます

コミット期間について

コミット期間:
2021年11月5日午後12時30分〜11月5日午後7時59分(日本時間)
※7.5時間のみ

CBXトークンを獲得するには、必ず「今すぐコミット」ボタンを押した上で、コミットするBITの数量を入力してください。コミットできるBITの上限は、計測期間の日次平均BIT残高に基づいて決められています。

注意:コミット後、お客様がコミットしたBITがロックされ、配布期間終了までに資産交換、振替、出金や取引などに利用できません。

Bybit

いくら計測期間中に十分なBIT数を保持していたとしても、コミットを行わなければ全くCBXは入手できません。

そして、実際にそのうちコミットを行うBIT数を申請するための時間は、7.5時間しかありません。

11月5日(金)の午後になったら、必ずコミットを行えるように今からカレンダーに書いてリマインドしておきましょう。

なお今回1CBXは$0.1で計算されることから、現在BITは2$以上で推移しているため、このままいけば、少なくとも1BIT20CBXで交換が行えるはずです。

このことから、実際差し引かれるBITの総数は、250BITにとどまりますが、何度も書いていますが250BIT程度のコミットでは5000CBX満額の購入権は得られないので留意しましょう。特に理由がなければ、保有残高の全額コミットをするのがよいでしょう。

結局何BITくらい持っていればいいのか?

配布期間:
2021年11月5日午後8時〜午後8時59分(日本時間)

実際に獲得できるCBXの数量は、以下の式で計算されます。
実際に獲得できるCBXの数量 = (お客様がコミットしたBIT/参加者全員がコミットしたBIT)* 本イベントに割り当てられたCBXのトークン数

実際に獲得できるCBXの数量が決まると、お客様がコミットしたBITから対応する金額が差し引かれます。
獲得できるCBXと残りのBITはお客様の現物アカウントに戻されます。

Bybit

現在、BybitではBITのローンチプール(ステーキングサービス)が運用されており、今、BITを現物で持て余している人は、基本的にここに預け入れているはずです。そして、そのステーキング総額は、2021年10月29日現在で、およそ60,000,000BITです。つまり、Bybitでは最大でこれくらいのBITが今回のローンチパッドにコミットされる可能性があるということです。

現在ローンチプールにはおよそ6000万BITが預け入れられています

以下は、Bybitの提示している計算式をもとに、CBXトークン購入のためにコミットが必要なBIT数を、参加者全員の総コミットBIT数(ローンチプールに預け入れられているBIT数に準じる)に応じてまとめてみたものです。

以下の条件で計算しています。

配布される総CBX3,000,000
最大総コミットBIT数60,000,000

縦は自分がコミットするBIT数、横はローンチプール全体からコミットされるBIT数の想定(%)を表しており、交差する部分が獲得可能なCBX数となります。

コミットするBIT数/
ローンチプール総コミットBIT(%)
100%75%50%25%
500.6251.251.8752.5
1001.252.53.755
2002.557.510
3003.757.511.2515
4005101520
5006.2512.518.7525
1,00012.52537.550
2,000255075100
4,00050100150200
8,000100200300400
20,0002505007501,000
50,0006251,2501,8752,500
100,0001,2502,5003,7505,000
獲得CBX数の想定表

実際どの程度の割合、BIT保有者がコミットを行うか定かではありませんが、5,000CBX 満額の購入権を得るにはかなりの数のBITが必要であることがイメージいただけたと思います。

ちなみに、Bybitローンチプールに存在する全BITがコミットされても、確実に5,000CBX満額を受け取りたい場合は、上記の表から推定するに400,000BIT必要ということになります。CBX上場前のレートでも日本円にして1.2億円に相当するので、一握りの大口以外は不可能ということになりますが、大口の皆さんは1.2億円分BITを購入して握りしめて待ちましょう。(?)

また、最低でもどのくらい購入権をもらえるのだっけという点では、Bybit公式blogには受け取ることのできる最低CBXトークン数は50CBXであると記載されており、上記の表で50CBXに満たない獲得数となった場合でも、日次平均BIT数の受取資格である50BITの条件を達成していれば、最低でも50CBXを受け取ることが保証されると考えてよさそうです。

その他、気をつけたいこと

ローンチパッドに参加するには、KYC(本人確認)レベル1以上のアカウントが必要

・現物アカウント及びByFiアカウント以外にあるBITは、計測の対象外となる

・日次平均BIT残高が最低でも50BITないと、CBXトークンの受取資格を失う

・受け取ることのできる最低CBXトークン数は50CBX

・その他の最終決定権はBybitにある

いろいろと注意すべき点が多い今回のローンチパッドですが、購入希望者はきちんと指示を読み対応していきましょう!

お読みいただきありがとうございました。

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign