Coinbase,「有価証券」であるとしてXRPの販売で訴えられる

仮想通貨取引所Coinbaseは本日、カリフォルニア州の連邦裁判所で、有価証券であるとされるXRPを販売したとして顧客から訴えられた。この顧客は、XRPの販売から手数料を取り、州の不正競争法に違反しているとしてCoinbaseを提訴した。

CoinbaseがXRP販売から「違法」な手数料を取ったとして訴えられる

SECがリップルに対して13億ドルの訴訟を起こした数週間後、カリフォルニア州の連邦裁判所は、セキュリティトークンであると疑われるXRPを販売したとしてCoinbaseに対して訴状を受理した。Coinbaseはすでに2020年1月19日にXRPの取引を停止することを発表している。

カリフォルニア州連邦裁判所に提出された訴状によると、Coinbaseが未登録証券であるとされるXRPを販売し、販売から手数料を取ることで、州の不正競争法に違反したと主張しています。

Coinbaseの顧客であるThomas Sandoval氏が、証券であると疑われるXRPの販売から手数料を回収するため、カリフォルニア州の連邦裁判所に訴状を提出した。訴状では、仮想通貨取引所はXRPが証券であり商品(コモディティ)ではないことを知っていたはずだと主張している。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

Ethereum (ETH),大規模な高騰を前にクジラが急増中

木 12月 31 , 2020
もしあなたがイーサリアム(ETH)を持っていて,現時点で利益確定を考えているのであれば、高騰が始まっ […]