仮想通貨レース2020:負け組コインと勝ち組コインは

時が経つのは早いもので、仮想通貨の世界では、乱高下した不安定な市場が、毎日、毎月、そして毎年、私たちのためにショーを開催してくれている。そして、2021年にはどんなショーを見せてくれるのだろうか?

ビットコイン(BTC)が史上最高値を更新し、年末には30,000ドルに向けて上昇したことから、イーサリアム(ETH)がついにEthereum 2.0のフェーズ0を開始し、その価格が年の最終日までに740ドルに跳ね上がったことまで、誰もが仮想通貨業界にとって大きな出来事に満ちた年であったことを否定することはできなかっただろう。これらは上位2つのコインに関するニュースに過ぎないが、他にも多くのコインや他のプロジェクトに関するニュース(良くも悪くも)が一年を通して報告されている。

それでは、先月と2020年の最終四半期の時価総額別トップ50コインのパフォーマンスを、1年を通して見てみよう。

12月

2019年と比べると、2020年は明らかに時価総額が増したコインが多く、12月ほどそのことをよく表している月はないだろう。

トップ10コイン

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 102
出典:coincodex.com, 07:30 UTC

2つのコインを除くすべてのコインが価格が上昇した。77%以上の上昇を記録したトップは、昨年登場したばかりのpolkadot (DOT)で、トップ10には比較的新しい参入者がランクインしている。DOTは70%近く上昇したLitecoin (LTC)に続いており、ビットコインは12月に60.7%上昇して3位にランクインしている。LTCといえば、10月に開発者が明らかにした「Litecoin MimbleWimble(MW)」と呼ばれる新しいプライバシー機能を備えたテストネットが登場。

やや遠い第4位は、それ自体 ETH 2.0-wise、その価格に 33.5% の上昇と述べたようにイベントの多い年を持っていた ethereum によって取られる。一方、残りのコインは10%と27%の間で推移した。

一方で、2020年の最後の1ヶ月間に2つのコインが下落した:チェーンリンク(LINK)は14%以上下落し、XRPはなんと63.3%も下落した。既報の通り、アメリカ証券取引委員会(SEC)が同社を提訴し、その後、多くのプラットフォームがXRPの取引を停止している。

勝ち組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 103
出典:coincodex.com, 07:30 UTC

時価総額別のトップ50を見てみると、5位にDOT、6位にLTCがこのカテゴリーのグリーンリストに入っている。シータ・トークン(THETA)の216.5%増、ジリカ(ZIL)の201.4%増と先行している。3位と4位は、セルシオネットワーク(CEL)の131.7%とデクレド(DCR)の82.6%のコインが占めている。12月に最も評価されたコインの中で最も評価が低かったのは、ポルカドット関連のクサマ(KSM)で、42.3%近く上昇した。

負け組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 104
出典:coincodex.com, 07:30 UTC


しかし、黒字になったコインが多いとはいえ、12月も下落が目立った。中でも問題のあるXRPは、トップ50のカテゴリーでも最大の下落率の第1位を占めている。filecoin (FIL)はPolkadotのように、待望のプロジェクトだったが、Polkadotとは異なり、ほぼ22.2%で12月に下落した。このリストの残りのコインは、17.6%(NEO)から12.4%(IOTA)の間で下落した。

第4四半期

驚くことではないかもしれないが、2020年の最後の四半期は、これまでの同様の展開となった。

トップ10コイン

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 105
出典:coincodex.com, 07:30 UTC


四半期ごとの勝者の中でトップに立ったのは、180.3%上昇したLTCと170.3%上昇したBTCだった。他にも2つのコインが100%以上上昇した。ETHの価格は108%近く上昇し、DOTの価格は101.9%上昇した。

残りのコインについては、カルダノ(ADA)が78.25%、ビットコインキャッシュ(BCH)が52.33%、バイナンスコイン(BNB)が32.73%上昇した。

過去3ヶ月間で唯一下落したのはXRPで、4.45%の下落となっている。

勝ち組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 106
出典:coincodex.com, 07:30 UTC



しかし、トップ50のコインになると、それらの中で最も緑の多いコインの中では、CELが461.9%上昇したので、王冠を取っている。ZILは373%で2位、DCRは251.6%で3位となっている。このリストの他のすべてのコインは100%以上上昇した。

負け組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 107
出典:coincodex.com, 07:30 UTC

最後の四半期は赤字コインにも優しかったようだ – 最も下落した多くのコインにとって、下落率は比較的低いものだった。10枚のうち5枚は8.8%(テゾス(XTZ))から4.7%(フオビトークン(HT))の間で下落した。

それでも、いくつかはそれほど幸運ではなかったようだ。Crypto.comチェーントークン(CRO)が61.7%と最も下落し、FILの38%近い下落とGRTの33.75%の下落が続いた。NEOとUMAは、それぞれ25.4%と12.5%と、3ヶ月間で価格が2桁の下落を見た残りの2つだ。

2020年の結果

2020年は、上記に挙げた多くの勝ち組コインの独壇場となったが、まだいくつか驚くべきことがあった。

トップ10コイン

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 108
出典:coincodex.com, 07:30 UTC


上位10コインの中で、2020年全体では、LINKが536.3%も上昇して絶対的な勝者となった。ETHは470.5%の上昇で2位にランクインしている。ADAは444.8%上昇している。ここでビットコインが303.65%の高値を記録した。

LTCは211.4%を評価し、BNBとDOTは両方とも100%以上、または175.1%と144.73%を評価している間、正確には、それぞれ。価格が100%未満で上昇したのは、BCH(69.9%)とXRP(19.6%)の2つだけだ。

勝ち組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 109
出典:coincodex.com, 07:30 UTC


しかし、時価総額でトップ50のコインの中でトップ10の勝者を見ると、その価格はなんと5,841.65%も上昇している。そして、どれも4桁の上昇率を誇っている。CELは約3,730%、THETAは約2,109%、ZILは約1,780%、そして分散型金融(DeFi)の最も人気のあるプロジェクトの一つであるyearn.finance(YFI)は1,349%上昇した。

残りの5つのコインは1,000%未満の上昇だったが、すべてのコインが500%レベルにある:NEM (XEM)の591.5%とWAVESの506.6%の間で、SYNTHETIX (SNX)の567.4%も含まれている。

負け組トップ10

Coin Race: Top 10 Winners & Losers of December, Q4, and 2020 110
出典:coincodex.com, 07:30 UTC

リヴァイン(REV)の価格は、2020年の間に71.9%下落し、最も減少した。FILは38%近くの下落で遠い2位を占めている。最も価格の下落が小さかったのはユニスワップ(UNI)で、7.37%下落した。

参考:2021年のビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、チェインリンクの価格は?

(翻訳元:cryptonews

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ビットコイン価格、アジアの大口が売りを始めると5000ドル暴落、米市場も追随か?

月 1月 4 , 2021
ビットコインの価格は5,000ドル以上下落し、24時間安値の28,286ドルを記録したことで、ついに […]