サークルCEO、「爆発的な」ステーブルコイン需要を主張

jeremy-allaire-3
「デジタルドルの安全性と実用性の両方を求める中小企業からのUSDCの需要がますます高まっている 」とサークルCEOのJeremy Allaire氏は述べている。(クレジット: CoinDesk archives)

Circleがステーブルコインに参入してから4ヶ月後、このスタートアップの新しいビジネスモデルは、世界的なコロナウイルス危機から予想外の後押しを受けている、と共同創立者兼CEOのJeremy Allaire氏は述べている。


米ドルを基軸にしたブロックチェーントークンが世界中で人気急上昇中だ。今回の需要の多くは通常の商取引での支払いのためであり、単に仮想通貨(暗号資産)の取引所間で素早くお金を移動させるためだけではない、とAllaire氏は主張している。

「ここ数週間、USDCへの爆発的な関心と成長がみられます」と、Coinbaseと提携しているステーブルコインのサークル問題に言及した。「デジタルドルに対する世界的な需要が非常に大きいことは明らかであり、新しい支払い媒体としてのデジタルドルの使用もあります」

Allaire氏によると、新たな契約者は、電子商取引市場、広告ネットワーク、高級品メーカー、リクルートプラットフォーム、デジタルコンテンツ市場、ピアツーピア融資プラットフォーム、決済会社、ソフトウェア会社、専門サービス会社、リワードビジネス、モバイルバンキングプロバイダー、その他のインターネット企業から来ているとのことだ。

「アジアの市場参加者からは、デジタルドルの安全性と有用性の両方を求める中小企業からのUSDCの需要がますます高まっているというフィードバックを得ています」と、中小企業という言葉を使って述べている。

先月、法人顧客がUSDCを使用してビジネスを行うために導入されたサークルビジネスアカウントの数は、過去数週間で700パーセント増加し、これらのビジネスの3分の2以上が仮想通貨(暗号資産)界隈の外から来ている。

二桁成長

CoinMetricsによると、USDCの時価総額は、ドルと同等の額で取引されているため流通量に相当し、3月1日の4億4,400万ドルから、プレス時には7億3,400万ドルへと65%も跳ね上がっている。

usdc-supply-2
USDCの供給量はここ数週間で急増している。
出典:coindesk research

Allaire氏の説明によると、危機がブロックチェーン技術の主流の採用を加速させていることを示唆しているが、それは比較的納得できることだ。安定したコインとして、USDCはドルに対して価値を維持するように設計されており、ビットコインのように価格が変動することはない。USDCは銀行に保有されている現実のドルに裏付けられており、需要に応じて換金することができる。

「デジタル通貨の採用に真の転換点が訪れたと考えています」とアレール氏は述べている。

このことは明らかである。この数週間で、デジタルであろうとなかろうとドルへの需要が高まっており、パンデミックの影響で投資家が安全な場所に集まるようになっている。

“記録的な取引量を目の当たりにしています」とAllaire氏は述べ、「欧米とアジアの市場では比較的均等に採用されています」と付け加えている。

ドルの代替品

二桁成長を達成しているのはUSDCだけではない。

CoinMetricsによると、過去6週間でPaxos Standard(PAX)は1億9800万ドルから2億5800万ドルへと22%の成長を遂げ、Tether(USDT)は46億ドルから63億ドルへと36%の成長を遂げ、Geminiドル(GUSD)は390万ドルから620万ドルへと6%の成長を遂げた。Paxosで発行されたBinanceドル(BUSD)は、6,800万ドルから2億ドル近くまで、または194%もの大幅な増加を記録した。

Ethereumブロックチェーン上で発行されたステーブルコインは、ネットワーク上での価格の推移がBitcoinネットワーク上の値と同じになるほどの伸びを見せている。

フェイスブックが昨年設立したコンソーシアムであるLibraが、世界的なデジタル通貨を作るという計画を撤回し、各国の通貨に紐付けられた安定したコインに焦点を当てていることから、ドルの代替品が明らかにブームになっているようだ。

デジタルドルのコンセプトは、他の場所でも推進力を得ている。木曜日、米国の議員グループは、米国の住民に景気刺激策の支払いを分配するためのツールとしてデジタルドル(ブロックチェーンベースのものではないが)を提案する法案を提出した。

これは、デジタル・ドルを提案する法案として議会に紹介された少なくとも4つ目の法案であり、ほぼ12人の議員が共同提案している。

(翻訳元:coindesk.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)