楽しい仮想通貨ライフ!

中国の仮想通貨マイニング装置メーカーは需要増の対応に追われる

中国の地域レポートによると、主要な暗号資産の価格が急騰して以来、ビットコインのマイニングリグメーカーの需要が大規模に急増しているとのことだ。Canaan Creativeのような企業は、Bitmainのような他の企業が完全に完売している間に、かなりの規模のマイニングリグを発注している。

ビットコインのマイニングリグメーカーは、デバイスの需要ブームに巻き込まれる

2月のビットコイン(BTC)価格は大幅に高騰しており、これがBTCをマイニングする者たちを大きく煽っている。金曜日には、ビットコインネットワークのハシュレートが150エクサハッシュ(EH/s)レンジの上をうろうろしており、ブロックチェーンでハッシュレートを指示するプールが21個ある。

2021年2月21日(日)には、BTCの価格は1個あたり58,354ドルと史上最高値(ATH)を記録したが、それ以降は値下がりしている。BTCの1個あたりの価格は、金曜日の午後(米国東部標準時)の公開時点では47kドルのハンドル付近でうろうろしている。

木曜日には、中国からの地域レポートの詳細は、中国のマイニングデバイスの製造事業は、製品のための多くの需要を見ていることを見ている。中国のグローバルタイムズの寄稿者であるYin Yeping氏は、マイニングマシンメーカーが「需要の急増を見ている」と強調している。

上海証券ニュースは、カナン・クリエイティブの株が今年318%跳ね上がったことを明らかにしたと指摘している。さらに、同社の江邦と江本国際の株は82%上昇した。

先行予約と売り切れ在庫

Yepingのレポートによると、カナン社は “昨年からの受注が急増している “ことを明らかにしている。中央アジアと北米は採掘装置の需要が最も多かった地域である、とカナン社は述べている。

火曜日、カナン社はこの地域の出版物に、Core ScientificとHive Blockchainの両方から事前注文を契約したことを伝えた。CanaanはHiveに6,400台のASICマイニングマシンを、Core Scientificに6,000台のマイニングリグを供給する。

Canaanによると、今年は北米の顧客から10万台が事前注文されており、同社は最大2億ドルの前払いがあったと主張している。Yeping氏はまた、Bitmainのマイニング装置が完全に完売しており、”新製品はまだ入手できない “と強調している。

Bitmain社のウェブサイトには同社の最新マシンが掲載されているが、デバイスは確かに完売しており、ウェブサイトの新規注文表示には “予定が決まり次第販売 (TBD) “と書かれている。”Microbt社のWhatsminer製品も同様に完売している。

Innosilicon社のASICマイニングリグは完全に完売しており、Ebang社のウェブポータルには、顧客は注文に関する問い合わせをする必要があると書かれている。また、Ebangのサイトでは、出荷は “入金後3~3.5ヶ月後 “と記載されている。

ソースから直接ASICが入手できないため、ビットコインマイニングリグのセカンドマーケット価格が高騰している。例えば、米国のEbayにあるMicrobt製のWhatsminer M20S 68TH/sが5,000ドルで販売されている。11~13TH/sのマシンはEbayで1台250~800ドルで販売されている。

(翻訳元:Bitcoin.com

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。