Ethereum (ETH),大規模な高騰を前にクジラが急増中

もしあなたがイーサリアム(ETH)を持っていて,現時点で利益確定を考えているのであれば、高騰が始まったばかりかもしれないから、そのままにしておこう。イーサリアムのクジラが大量に現れて流動性を飲み込もうとしている。仮想通貨のオンチェーンデータプロバイダーであるサンティメントは、ETHが31ヶ月ぶりに750ドルの水準を超えた一方で、10,000以上のETHを保有しているETHアドレスの数がここ2ヶ月で大幅に急増していると指摘している。

悲しいことに、個人投資家はETH価格が上昇するたびに同時に利益を計上してくる。そのため、個人投資家はクジラにポジションを奪われており、おそらく今後の更なる上昇でミスアウトする可能性がある。いくつかのオンチェーン指標は、ETHが日を追うごとにさらに有利な投資資産になりつつあることを示唆している。

12月28日(月)のサンティメントは、取引所におけるETHの供給量が1.5年ぶりの低水準に達したことも指摘している。ETHの流動性の枯渇と需要の高まりがETHの価格を押し上げている。

別のオンチェーン分析プラットフォームGlassnodeによると、ETHアドレス全体の90%近くが利益を得るための状態になっている。これは2018年1月以来、初めて起こったことだ。興味深いことに、読者に視点を与えるために、ETHを保有するEthereumアドレスのうち、今年初めの2020年3月に利益が出ていたのはわずか3.2%だった。


まだEthereum(ETH)に投資するのに適した時期だとは信じられないだろうか?これはビットコインの億万長者タイラー・ウィンクルヴォス氏がETHについて語っていることだ。

今の$ETHの価格は735ドル。これは過去最高の51%オフで、14kで#ビットコインを買うようなものです。なんてお買い得なんでしょう。

CoinGapeでは先日、機関投資家のEthereumへの資金流入は現実であり、日に日に強くなっていると報告した。最近のポッドキャストのエピソードの中で、人気のあるクリプト投資家であるライアン・ショーン・アドマス氏は、上場機関であるイーサ・キャピタルが最近、ETHを買い増すために1億2500万ドルを追加調達したことに言及している。

一方で、2020年12月上旬にEthereum 2.0がローンチされるにもかかわらず、既存のブロックチェーン上ではEthereumの採掘者の活動が急増している。Ethereumのハッシュレートは価格とともに大きく上昇しており、2020年に入ってからほぼ100%上昇している。まあ、これもDeFiのおかげですね!(笑

翻訳元: coingape)

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

2020年のビットコインを締めくくる:マイニング、制度的採用、コミュニティの声

木 12月 31 , 2020
(これはDenver Bitcoinによるゲスト投稿だ。表現された意見は完全に彼ら自身のものであり、 […]