中央銀行のデジタル通貨(CBDC)は3年以内に登場する可能性?

ドイツ銀行のアナリスト、マリオン・ラブール氏は、先日、デジタル通貨を探るためのシンクタンクを結成した主要な中央銀行が3年以内に具体的な行動に出る可能性があると述べた。世界的なパンデミックがそのプロセスを加速させている。


COVID-19のパンデミックがCBDCの採用を加速

ビットコインが登場した当初、中央銀行はブロックチェーンの可能性を無視し、仮想通貨(暗号資産)の採用を抑制しようとさえした。暗号通貨が単なる誇大広告ではないことを理解した彼らの中には、いつかは中央銀行のデジタル通貨(central bank digital currencies: CBDC)を見ることができるかもしれないとほのめかした者もいた。しかし、彼らの口調は常に、これがポスト・ホモ・サピエンスの時代に起こるかのようなものだった。

今、彼らは現金をコントロールできるようにブロックチェーンを急いで採用しようとしている。中央銀行はまだビットコインを軽蔑しているが、少なくとも彼らは監視できるデジタル通貨の独自バージョンを作ることができる。

ドイツ銀行のアナリスト、マリオン・ラブーレ氏はロイターに対し、最近CBCDを試行するグループを結成した中央銀行は、おそらく今から約3年以内に最初の「汎用デジタル通貨」を発行するだろうと語った。焦りの原因は、現在のCOVID-19のパンデミックだ。

今年1月には、欧州中央銀行がカナダ、イギリス、日本、スイス、スウェーデンの中央銀行とともに、CBDCを創設するためのシンクタンクを結成したとBitcoinistが報じていた。国際決済銀行(BIS)もこの構想に参加した。このグループは世界人口の約15億人を代表するものだ。

ラブーレ氏は、中央銀行のグループは今月中にデジタル通貨を議論するために会合を開くべきだったと述べた。しかし、会合の状況は今のところ不明だ。とはいえ、中央銀行はここ数十年で最悪の経済危機の中、企業や家計に大量の現金を届けなければならない。ブロックチェーンを活用したデジタル通貨は、彼らの多くのプロセスを合理化するのに役立つ。

CBDCは中央銀行が家計に現金を注入するのを助ける

ラブーレ氏によると、CBDCは企業や家計に直接現金を送り込むことができるようになるため、中央銀行の量的緩和プログラムの改善に役立つだろう。

私たちはすでに銀行やクレジットカードにデジタルマネーを持っているが、CBDCは許可されたブロックチェーン上に存在するという点で異なるものになるだろう。個人や企業はおそらくデジタル・ウォレットを持つことになる。

(翻訳元:Bitcoist.com)

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)