【アルトコイン】カルダノ [ADA]、次のフェーズへ移行

今年5月、Ethereumと競合するスマートコントラクトプラットフォームであるCardano(カルダノ[ADA])は、Byronのリブートに成功した後、Shellyフェーズへの移行を開始する。

Byronは最初のフェーズであり、その集大成となる5つのステージの基礎となるもので、ゼロから構築された堅牢で分散化された柔軟性のあるProof-of-Stakeコンセンサスネットワークが誕生することになる。

Cardanoは、最終的にはdappの起動と検証可能なスマートコントラクトを可能にする、ピアレビューされた第三世代のブロックチェーンとして説明されているように、Byronはその基礎を形作った。そして、アップグレードされたDaedalusウォレットがリリースされた。これは、カルダノの開発を支援する3つの主要な翼の1つであるIOHKによってリリースされたデスクトップウォレットだ。

もう一つのライトウォレット、Yoroiもリリースされた。このバージョンはEmurgoに対応しており、迅速な取引や日々のウォレット利用を想定している。

朗報!Yoroi Byron拡張機能の最大のアップデート(v1.10)がChrome/Brave/Firefox向けにリリースされました!複数のウォレットに対応しました。Haskell Shelleyテストネットの準備が整いました。公開テストネットが稼働したらサポートを公開します!https://yoroi-wallet.com

Shellyフェイズはカルダノ[ADA]にとって大きなマイルストーン

Shellyはカルダノにとって画期的な出来事である。何度か延期されたが、チャールズ・ホスキンソンが品質とピアレビューにこだわったおかげもあり、Shellyメインネットはネットワークが完全に分散化されていることを保証している。

ブロックチェーンの成功を支えるのは、分散化の側面とコミュニティからの参加である。どちらの観点から見ても、カルダノは成功しているが、そのステークインセンティブプログラムは高い参加率でマークされていた。

以下は声明の一部である。

“Cardanoの成功したByronのリブートに続いて、我々はShelleyメインネットへの段階的な移行を始めている。これは、静的な連邦化されたシステムから、動的で分散化されたCardanoブロックチェーンへの移行を意味する。このプロセスは、一連のHaskell Shelley TestNetから始まり、Shelleyアップグレードハイブリッドフェーズで完了段階に達する。”

Cardano氏によると、インセンティブを与えられたTestNetは、ステークスプールのオペレーターに「重要なインフラ構築の経験を与え、同時にIOHKのエンジニアが実際のADA保有者から委任された実際のADAを使って新しいインセンティブメカニズムをテストすることを可能にした」とのことだ。

移行は4つのフェーズで行われる

今月からカルダノはテストを開始し、そのノードを中央集権的で連邦化されたシステムから分散化されたネットワークに移行する。

さらに、このテストネットは、”初日からShelleyメインネットがクラス最高の体験になるようにアップグレードされていることを確認する “ことを目的としている。しかし、重要な点は、通常のADA保有者が関与しないことであり、テスト期間がタイトになるので、プログラムはインセンティブを与えられない。

その上、ADA保有者は新しいDaedalusウォレットを試し、公開されているTestNetを探索し、フィードバックを提供しますが、本物のADAコインを使用することはない。

移行は、4つのフェーズになる。最初の「友達と家族」のフェーズでは、「IOHKはまず社内でShelly専用のテストネットワークをスピンアップして運営する」とし、次は20人のステークキングプール運営者を招待する「パイオニアフェーズ」、20人程度の運営者の小グループが参加すると予想される「パブリックフェーズ」、そしてITNリワードとメインネットの残高を統合する「残高チェックフェーズ」だ。

また、アクティビティ別のスマートコントラクト開発をリードするEthereumもトランジットしている。Proof-of-Stakeコンセンサスアルゴリズムを採用したETH 2.0 “Topaz” TestNetは、22,000人以上のバリデータを集め、メインネットは数ヶ月後に稼働されると予想されている。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)