楽しい仮想通貨ライフ!

【必読】3000円以上カット。Bybitで出金手数料を節約して出金する方法。

Bybit(バイビット)の出金手数料は意外と高い

Bybitの無期限契約取引などで利益をあげても、現状では日本円に替えなければ実際に商品やサービスの支払いが難しいことは2021年後半になっても同じです。

そこで、大抵の場合は利益が発生して一定のまとまった額になった際には国内取引所にビットコイン等の仮想通貨を送金して、売却して日本円にしてから、銀行口座等に出金している人が多いと思います。

その際に避けて通ることができないのが、「出金手数料」です。

Bybit(バイビット)やBinance(バイナンス)のBTC出金手数料は、一律0.0005BTCとなっています。これは、2021年後半のレート(1BTC=600~700万円)で換算すると、3000~3500円になります。

これ、そこそこ高いですよね。

Bybitがこのように若干高めの出金手数料を徴収しているのには、それなりの理由があります。

Q)Bybitの出金手数料が他のプラットフォームと比較して比較的高いのはなぜですか?

A: Bybitでは、出金リクエストごとに一律の手数料を課していますが、バッチで送金する際にはブロックチェーンでより早く送金確認が完了するように最適なマイナー料金を支払っています。

Bybit よくあるご質問

このように適正かつ迅速に送金が行えるよう、マイナーに手数料を上乗せして支払っていため、少々お高めの出金手数料設定になっています。

これ自体は利用者にとっても悪いことではありませんが、それでもなるだけ出金手数料を抑えたい方もいるでしょう。特に、数万円相当程度の少額出金をする場合には出金手数料だけで全体の数%を取られてしまうことになります。

できれば出金手数料は安く抑えられるに越したことはないと思います。

そこで、今回は国内取引所の実情を踏まえつつ、Bybitであげた利益を手数料を抑えて日本円に変える方法について考えたいと思います。

Bybitから出金する際のポイント

Bybitから国内取引所に送金をする際に考慮するべき点は、以下の2点です。

  • 出金前に、なるだけ出金手数料の安い通貨(コイン)に替えておく
  • 国内取引所が現物を取り扱っており、かつ、日本円とトレードできる取引所(販売所ではない!)が存在する通貨を選ぶ

出金前に、なるだけ出金手数料の安い通貨(コイン)を選んで替えておく

Bybitは様々な通貨(コイン)の出金に対応していますが、その出金手数料を日本円換算すると、大体3000円前後がボリュームゾーンになっています。

一方で、出金手数料が1円台や10円台で設定されているコインもあります。仮に通貨単位としてはBTCを保有していたとしても、出金前にBybitの現物取引で、そのような出金手数料が割安に設定されているコインに替えておいてから出金する戦略が有効でしょう。

以下は日本円換算(レートは2021年10月時点)の表示を付加した出金手数料表です。

コイン最小出金額出金手数料出金手数料(日本円換算)
AAVE0.32 AAVE0.16 AAVE約6000円
ANKR636 ANKR318 ANKR約3000円
AXS0.78 AXS0.39 AXS約6000円
BCH0.01 BCH0.01 BCH約700円
BIT8 BIT13.43 BIT約3500円
BTC0.001 BTC0.0005 BTC約3500円
CHZ160 CHZ80 CHZ約3000円
COMP0.14 COMP0.068 COMP約2500円
CRV20 CRV10 CRV約4000円
DOGE25 DOGE5 DOGE約140円
DOT1.5 DOT0.1 DOT約500円
DYDX15 DYDX9.45 DYDX約2000円
EOS0.2 EOS0.1 EOS約50円
ETH0.02 ETH0.005 ETH約2000円
ICP0.006 ICP0.006 ICP約30円
KLAY0.01 KLAY0.01 KLAY約2円
KSM0.21 KSM0.21 KSM約9000円
LINK1.12 LINK0.512 LINK約2000円
LTC0.1 LTC0.001 LTC約20円
MANA126 MANA32 MANA約3000円
MKR0.016 MKR0.0095 MKR約3000円
PERP6.42 PERP3.21 PERP約6000円
SUSHI4.6 SUSHI2.3 SUSHI約3000円
UNI2.02 UNI1.16 UNI約3500円
USDT (ERC-20)20 USDT10 USDT約1000円
USDT (TRC-20)10 USDT1 USDT約100円
XLM8 XLM0.02 XLM約1円
XRP20 XRP0.25 XRP約30円
XTZ1 XTZ1 XTZ約800円
YFI0.0016 YFI0.00082 YFI約3000円
Bybit出金手数料一覧表

なお、Bybitの現物手数料はMaker・Taker取引ともに手数料は0.1%の設定になっていますが、2021年10月末まではMaker手数料は無料であることは気をつけておいたほうがいいでしょう。

国内取引所が現物を取り扱っており、かつ、日本円とトレードできる取引所(販売所ではない!)が存在する通貨を選ぶ

当然の話ながら、いくら出金手数料が安いコインに替えても、国内取引所が扱っていない銘柄であれば、全く意味がありません(例えば、出金手数料2円相当のKLAYは国内では取り扱い取引所がありません)。

また、アルトコインを多数取り扱っている国内取引所であっても、販売所を利用して売却してはいけません。販売所は国内取引所が数%〜十数%のスプレッドを設定して売り買いさせるようになっており、確実に損をするので注意です。

不要な手数料の発生を避けるため、必ず、トレード相手がいる「取引所」を利用するのも抑えておきましょう。

簡単に管理人が使用している国内取引所の取り扱い銘柄についてまとめています。

取引所名取引所のある取り扱い銘柄備考
BitFlyerBTC/JPYBitflyer Lightningでの取引を推奨
(手数料は0.01% ~ 0.15%で変動)
coincheckなしアルトコインを多数取り扱うが固有の取引所を持たない
bitbankBTC/JPY、XRP/JPY、ETH/JPY、LTC/JPY、BCC/JPY、MONA/JPY、XLM/JPY、QTUM/JPY、BAT/JPY、OMG/JPY、XYM/JPYMaker手数料-0.02%
GMOコインBTC/JPY、XEM/JPY、XYM/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XLM/JPYMaker手数料-0.01%

上記の2つのポイントを守りつつ、どの通貨で出金をするかを検討していきます。

結論:XLM一択。LTCやXRPにして出金しても幸せになれる

以上検討を行った結果、

Bybitの利益を日本円にするなら、XLM(ステラルーメン)を選ぶ」ことが最も出金手数料や日本円に替えるときの手数料を低く抑えられ、最適であることがわかりました。

といっても、LTC(ライトコイン)やXRP(リップル)のパフォーマンスもなかなかのものですので、ここは好みや使っている国内取引所の流動性・取引量等も考えて選んでもよいでしょう。

コイン最小出金額出金手数料出金手数料(日本円換算)
BTC0.001 BTC0.0005 BTC約3500円
LTC0.1 LTC0.001 LTC約20円
XLM8 XLM0.02 XLM約1円
XRP20 XRP0.25 XRP約30円
Bybit出金手数料一覧表の短縮版

上表からも分かるとおり、BTCだと3500円相当引かれていた出金手数料を、ほとんどなしに抑えることができます。

今後、Bybitから利益を出金する際には、このような点にも気をつけてみてはいかがでしょうか。

読んでいただいてありがとうございました。

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign