【Bybit】資金調達率(FR)を解説。得するための計算ツール付き。

このページで説明すること

このページでは、仮想通貨デリバティブ取引所のBybit(バイビット)で取引を行うなら理解しておく必要のある、資金調達率(ファンディングレート、FR)について説明する。

Bybit(バイビット)でトレードをするとき、トレード画面左上にこんな表示があることに気が付くかもしれない。これは一体何を表しているのだろう?本稿を読み終える時には、この表示が何を意味しているか理解できることだろう。

具体的に自分のポジションで資金調達率による損益がどの程度出ているのかを把握するための計算ツールも最下部に置いているので、活用してほしい。

理解していないと、損しちゃいますよ!

といっても、時間の無い方も多いと思うので、最初に資金調達率によってトレーダーにどのような影響があるかだけ、手短に書いておく。

まずざっくり言うと

資金調達率について、いきなり簡単なまとめ

・資金調達率は、Bybitと他の取引所の異常な価格解離を起こさないための仕組
・日本時間9:00、17:00、25:00に、自分が持っているポジションに対して手数料がかかる
・ショートの時、手数料がプラスなら手数料分受け取ることができるが、マイナスならその分支払わなければならない
・ロングの時、手数料がプラスなら手数料分支払わなければならないが、マイナスならその分受け取ることができる
・2021年現在、価格乖離の程度が穏やかならば、資金調達率は0.01%程度

これだけ理解すれば十分な気もする。

しかし、これ以上を理解するためには、そもそも、資金調達(ファンディング)とは何かとを理解しなければならない(理解する必要がなければ、読まなくてよい)。

資金調達(ファンディング)とは何か

具体的に、BTC/USDペアで考えてみる。
Bybitの無期限契約(Perpetual contracts)においては、ロングポジションをとること、ショートポジションをとることは、それぞれ以下のように考えることができる。

ロングポジションの場合

契約時、一時的に手持ちのBTCを貸付けることで、USDの貸付を受ける。

ショートポジションの場合

契約時、一時的にBTCを借入れる。その借入れたBTCをさらに売却し、得たUSDを貸付ける。

この貸付・借入のプロセスこそが、資金調達(ファンディング)の正体である。このプロセス自体は自動的かつ瞬間的に行われ、結果的にはBTCとUSDの通貨の移動の影響はトレーダーに無いため、普段トレーダーには全く意識されない。

ここで重要なのは、

・ロングの場合では、BTCを貸し出しUSDを借りる
・ショートの場合では、USDを貸し出しBTCを借りる

ということである。なぜ重要かというと、通貨の貸し借りがあるということは、金利が発生することに他ならないからだ。

では、次にこの資金調達に関係する資金調達率が、トレーダーの損益や行動にどのように影響するかを見ていこう。

資金調達率(ファンディングレート)とは何か

簡単には、資金調達率(ファンディングレート、FR)とは以下のように記述できる。

資金調達率(FR) = (①BTCとUSDの金利差 ± ②他取引所との乖離調整値)÷3

÷3をしているのは、資金調達率による手数料の徴収・分配を1日3回に分けているからである。

まず、①の話をしよう。2021年のデータを参照して、BTCの金利が0.03%、USDの金利が0.06%ということにする(実際、これは2017年から変化がない)。つまり、もしも②の影響がなければ、資金調達率は0.01%ということになり、現在の資金調達率の状況と直観的に一致する。

また、先ほどの資金調達(ファンディング)の概念を理解していれば、「資金調達率がプラスなら、USDを貸している側であるショーターは手数料を受け取ることができ、USDを借りている側であるロンガーはその分を支払わなければならない」のも、理解できると思う。

これに、②他取引所との乖離調整値が加わることで、取引所間の価格解離を調整する効果が生まれている。この式については少々複雑なため、ここでの紹介はせず詳細は下記のnoteに譲るが、乖離を縮小させる方向に値が修正されることは覚えておいて欲しい。例えば2020年2月のバブル相場では②が非常に大きく算出(+0.16)され、ショートポジションを持っている者は0.17%もの手数料を受け取ることができた。

(bybitのインデックス計算方法と攻略法 – note)

Bybitでの資金調達率の履歴を見る方法

Bybitでは、基礎データとして過去の8時間ごとの資金調達率の履歴をすべて公開している(リンク)。現在の市場の傾向をつかむためにも、チェックしてみてもいいだろう。

資金調達率の履歴
外部書き出しもできる。

レバレッジをかける際には資金調達率に注意

Bybitでは、最大100倍のレバレッジをかけることができるが、資金調達率に伴う手数料はレバレッジをかけた後のポジションにかかることを覚えておこう。もし手数料を徴収される方向のポジションを持っている場合は、それだけ取られる手数料も倍増するので、注意だ。

資金調達料計算はこちらから

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

「リップルは巨大なリスク」上場廃止したKrakenのCEOが発言

日 3月 7 , 2021
仮想通貨取引所Krakenのジェシー・パウエル最高経営責任者(CEO)は、リップルが12月下旬に米国 […]