【朗報】仮想通貨に強気材料:G7の中央銀行によるマイナス金利政策の施行を確認

S&P500、仮想通貨(暗号資産)、その他の市場では驚異的な回復を見せているにもかかわらず、世界経済の多くの面では依然として不況が続いている。何千万人もの人々が失業し、個人消費は減少し、グローバルなサプライチェーンは絶望的な勢いで停止している。


世界中でキャッシュフローがマイナスになり、企業は倒産の危機にさらされ、さらに何百万人もの人々が職を失うリスクを抱えているため、中央銀行は企業や個人を救うために金融政策の強化を発表してきた。

これは、G7の次期中央銀行のトップがマイナス金利を検討していると発表したことで、さらに強調された。この発言は、ビットコインが今日の世界で本質的な価値を持つ理由を示すものとして、暗号資産業界の多くの人が受け入れている。

カナダ中銀の次期総裁がマイナス金利を始動させる

消費者が銀行にお金を預けると、金利が支払われることを期待する。しかし、中央銀行が経済成長に拍車をかけようとする中で、この金融の傾向は変わり始めている。

現在のところまれではあるが、(これまでのところ主に北欧地域ではあるが)ますます多くの銀行が預金者にお金を預けることで手数料を徴収するようになってきた。

速報:カナダ銀行の新総裁がマイナス金利の可能性があると発言…

カナダ銀行は現在0.25%の政策金利を課しているが、これは過去数年間の米国連邦準備制度理事会の政策金利をほぼ踏襲している。

ビットコインと暗号資産の出番だ

ビットコインやその他の暗号資産は、中央銀行がますますアグレッシブになっている世界的な傾向から恩恵を受ける立場にあるとの考えが示されている。

4月30日に発表された調査報告書の中で、グレイスケール・インベストメンツの調査部門の責任者であるフィル・ボネロ氏は、このシナリオについて次のようにコメントしている。

“今日のマクロ経済環境は、希少性の高いデジタルで非主権的な形態の貨幣が価値を蓄える魅力的な場所であり、無制限の貨幣印刷に対するヘッジとして機能する可能性があることを強化し続けている。”

ボネロ氏は、中央銀行の量的緩和とビットコインのブロック報酬の半減を対比させ、量的引き締めを主張しているが、これは、イベントがQEと非常に低い(またはマイナス)金利が、不換紙幣に行うように発行を増やすのではなく、仮想通貨の発行率を低下させるという事実のためだ。

マイナス金利の世界では、ビットコインやその他の暗号資産を保有することは、不換紙幣を保有するよりもはるかに理にかなっている。

この感情を象徴するように、ギャラクシーデジタルのCEOであるマイク・ノボグラッツ氏は、「金を買え。ビットコインを買え。」と述べている。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【アルトコイン】OmiseGOの親会社がSYNQAに社名変更【進化】

日 5月 3 , 2020
アジアのフィンテック企業であるOmise Holdingsは、SYNQAという社名に変更した。