【衝撃】ビットコイン、1億ドル以上のショートを焼き尽くし、爆発的上昇

  • BTCが8,700ドルを超えて急騰する中、BitMEXで過去24時間で1億ドル以上のXBT契約が清算された。
  • ビットコインのショートは、水曜日に清算されたボリュームの95%以上を占めている。
  • ビットコインのロング勢はCMEギャップを9,100ドルまで縮めることができるか?

4月29日はビットコイン(BTC)にとって劇的な一日となった中で、ロング勢はBitMEXのXBT先物の価格を8,700ドルを突破し、8,400ドルと8,600ドルの主要なレジスタンスレベルを突破した。価格が8,000ドル以下の水準から数時間で10%急騰したため、ビットコインのショート勢は、価格が9,000ドルへの旅を続ける中で、巨額の損失を被った。

暗号資産取引データアグリゲータであるDatamishのデータによると、BitMEXは過去24時間で9,680万ドル相当のXBT契約の322のショートポジションを清算した。そして、8,700ドルへの道上のBTCの価格の日中の動きは、XBTロング契約の510万ドル相当の上昇を見せた。

1億ドル以上のXBT契約が29日(水)に清算された(画像:Datamish)

このドラスティックな市場では、680万ドル、610万ドル、480万ドルの3つの大きなショート契約が清算された。この3つは、BitMEXで過去1ヶ月間に清算された最大の契約を表している。

暗号資産先物取引所であるBitfinexでも、342のショート契約が清算されたため、ショート勢の清算が急増した。これは、プラットフォーム上で清算された467.5 BTCの合計を表している。プラットフォーム上の過去24時間の間に清算されたロングはなかった。

ビットコインはCMEギャップ9,100ドルを埋める道を歩んでいるのか?

4月29日のビットコインの大暴落は、スポットの買い手が近づき、素早く利益を上げようとしているため、CMEのギャップ9,100ドルとリンクしている可能性がある。TradingViewの日足チャートによると、BTCUSDはSMA100ラインを超えて日中高値の8,800ドルに達し、強気の動きを示唆している。

画像:TradingView

しかし、RSIは買われすぎレベルの77で推移しており、ロング勢が8,600ドルの重要な抵抗線を維持できなければ、引き下げの可能性を示唆している。このレベルに再挑戦すると、市場は9,000ドル台までトレンドを戻す可能性がある。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)