【速報】BitMEXがEthereum “クアント先物”を取扱う初の仮想通貨(暗号資産)取引所に

  • BitMEXがEthereum-dollar quanto 無期限先物取引を開始。
  • トレーダーはXBT契約でETH/USDの証拠金取引ができるようになる。

4月24日(金)の発表で、BitMEXはさらなる契約を発表し、トップのクリプトデリバティブ取引所としての主張を強化した。彼らの公式ウェブサイト上のポストでは、BitMEXは、永久契約のEthereum quanto先物を提供するとのこと。

BitMEX ETH/USD quanto先物は、XBT契約を使用して取引される証拠金となる。この契約は2019年5月5日に稼働する予定で、取引に最大50倍のレバレッジを提供する。

我々は、2020年5月5日04:00 UTCに最大50倍のレバレッジを持つETHUSD四分位先物の契約を開始します。最初の契約(ETHUSDM20)の有効期限は6月になります。

ETH/USDの四分法先物を理解する

この新商品は、BitMEXがこの市場でトップの座を確保しようとする野心を示す、初めての仮想通貨(暗号資産)デリバティブ商品だ。ETH-USD QUANTO先物は、従来の米ドルベースのETH価格の代わりに「固定ビットコイン乗数」を搭載しており、トレーダーはETH/USDをロングまたはショートすることができる。しかし、トレーダーは契約を取引するためにETHまたはUSD市場にタッチする必要はない。

トレーダーはXBT[BTC先物取引]で証拠金を計上し、ETH/USDのレートの変化に合わせてビットコインの損益が発生します。

新商品であるティッカーシンボルETHUSDM20は、2020年5月5日にライブ取引を開始し、100satoshi(0.000001 BTC)のマルチプライヤーを開始し、最大50倍のレバレッジを提供する。現在のETH/USD QUANTTO先物価格は、ETH/USD価格で乗数値を計算している。

この契約は、当社のETHUSD永久スワップのクアント機能と、従来の先物に見られる有効期限と決済を組み合わせたものです。すべてのBitMEXのアルトコイン先物と同様に、四半期ごとに有効期限が切れます。

標準的な手数料率として、メーカーに-0.025%、取引のテイカーに0.075%の手数料が課される。

ユーザーは、今後2週間ほどの間、リリースされたテストネット版のETH-USD QUANTO先物でテストすることができる。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)