【朗報】ビットコイン、「ゴールデンクロス」で大規模な上昇へ向かう

  • ビットコインは5月の第3週か第4週にゴールデンクロスパターンを形成する可能性がある。
  • ビットコインのマイニング報酬が半減した直後に強気シグナルが表面化する。指標が収束することで、大規模な上昇転換をもたらす可能性がある。
  • ビットコインは2020年5月の第3週か第4週にゴールデンクロスを点滅させそうだ。

このタイトル、「ゴールデンクロス」は、資産の50日移動平均線が200日移動平均線を超えたときに起こることを指している。トレーダーは通常、それを長期的な上昇につながる強気の指標と見ているが、ビットコインのマイニング報酬が半減した直後にゴールデンクロスが表面化するという事実は、価格の上昇の可能性を倍増させている。


ゴールデンクロスと半減期の出会い

ビットコインは2020年5月12日に事前にプログラムされた供給削減を受け、1日の生産量が1,800BTCから900BTCに減少する。これはビットコインの3度目の半減期となる。過去2回のイベントでは大規模な価格上昇が続いていたため、投機筋は次も同じような結果になると考えている。

「ビットコインは歴史的に、半減の459日前に底を打ち、半減に向かって上昇し、その後爆発的に上昇してきました」

と、パンテラ・キャピタルのダン・モアヘッドCEOは説明している。

「ビットコインは歴史的に半値下げ前に459日で底を打ち、その後上昇し、その後爆発的に上昇してくるものです。」

現在の半減サイクルでは、ビットコインは2020年5月12日の514日前に底を打った。それは 歴史的に – 2021年8月の前にビットコインを過去最高額に押し上げる必然性がある。

bitcoin, btcusd, cryptocurrency, crypto
半減するビットコインとその価格|出典 パンテラキャピタル

モアヘッド氏は、5月12日の半減期後、歴史的な需給関係が維持されれば、ビットコイン価格はトークン1個あたり115,212ドルがピークになる可能性があると指摘している。

この予測は、今後のゴールデンクロスフォーメーションからのサポートに基づくものだ。テクニカル指標は、遅行強気シグナルとして印象的なトラックを保持している、すなわち、価格はその形成の前に上昇を開始し、ゴールデンクロスを形成した後、その上向きのモメンタムを拡張する。

例えば、2019年4月23日に、ビットコインは月に32%上昇した後、ゴールデンクロスをフラッシュした。その形成はその後、ビットコインのスポットレートを別の151パーセントを送った大規模な買い乱れを誘発し14,000ドルの近くまでビットコインを上昇させた。それはビットコインが2018年12月に3,120ドル付近に底を形成した後のことだった。

bitcoin, btcusd, cryptocurrency, crypto
50-DMAと200-DMAは今年5月にクロスパスを予想|ソース TradingView.com, BitMEX

逆に、2020年2月18日にその形成したゴールデンクロスは買い手を引き付けることに失敗したこともあった。しかし、下降の動きは、制御不能なマクロ経済と人道的災害、すなわちコロナウイルスのパンデミックをきっかけに浮上した。

ビットコインは暴落後に100%以上回復し、現在は9,200ドル以上に近づこうとしている。

次の動き

ビットコインのハッシュレートと採掘難易度が半減直前に過去最高値に急上昇している。これは、マイナーが5月12日までにできるだけ多くのビットコイン報酬を積み上げようとしていることを示している。さらに、ビットコインが4,000ドル以下から9,000ドル付近まで回復すれば、マイニング業者は利益が半減する前に損益分岐コストを効率的に維持することができるだろう。

bitcoin, btcusd, cryptocurrency, crypto
ビットコインのハッシュレートグラフ|出典 グラスノード

参考記事:【マイニング狂騒曲】ビットコインのハッシュレートが史上最大に

マイナーたちが今日節約しているものは、より高いレートで半減した後に現物市場に入ることになる。それは、リスク・リターンのスペクトルが一晩でシフトしたにもかかわらず、マイニング施設が稼働することを確実にするだろう。

ビットコイン価格は – ファンダメンタル的にもテクニカル的にも – ゴールデンクロスでより高い方向に向かう可能性がある。

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)