ビットコインの取引手数料、1ヶ月で800%増加

4月11日から5月14日までの間に、ビットコイン(BTC)の取引手数料は0.38ドルから5.16ドルへと1250%以上も上昇した。

その後、ビットコインの取引手数料は33.3%減少し、この記事を書いている時点では約3.44ドルとなっているが、5月11日にブロック報酬が半減してからは36.5%も手数料が増加している。

ビットコインの手数料が半減期後3日で2倍に

ビットコインネットワーク上で取引を実行するための平均コストは、わずか1ヶ月で800%以上上昇しており、5月は2019年7月以来、これまでのところ最高の取引手数料を計上している。

Bitcoin transaction fees March 2020 - May 16, 2020: BitInfoCharts
ビットコインの取引手数料 2020年3月~2020年5月16日。BitInfoCharts

手数料は半減期から3分の1以上上昇しており、3日間で105%の取引コストの上昇を引き起こした。

手数料がほぼ1年ぶりの最高水準に達したにもかかわらず、現在の取引コストは2017年末に記録された過去最高水準の10分の1以下となっている。

取引コストは2016年の半減直後に8%下落

2016年7月9日にビットコインが半減するまでの間、手数料は2016年5月1日の0.081ドルから約200%増加し、同年6月中旬と7月下旬の両方に計上された約0.24ドルが現地でのピークとなった。

Bitcoin transaction fees May 2016 - September 2016: BitInfoCharts​​​​​​​
ビットコインの取引手数料 2016年5月~2016年9月。BitInfoCharts

ビットコインの2度目の半減期から3日間で、手数料は8%近く下落した。

(翻訳元:Cointelegraph

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)