【朗報】ビットコインさん、ジャンプする【半減期】

昨日の早朝の時間帯にビットコインが10,000ドルの領域に作った短いジャンプに続いて、仮想通貨市場全体の時価総額は、1日で130億ドル以上の急上昇で、愛好家が信じられないほどに膨れ上がった。

ビットコインは、はるかに買い手の多い領域に向かってジャンプしている

価格が最初に注目されたのは、シンガポールやアジアの他の地域の取引所だった。その後数時間の間に、例えばニューヨークのデジタル取引プラットフォームでは、ビットコインの価格が約9,890ドルと表示され、そこから価格は上昇していった。

英国の暗号資産取引所Lunoのビジネス開発責任者、ヴィジャイ・アヤル氏は、インタビューの中でこう述べている。

「政府は現在進行中のコロナウイルスのパンデミックを乗り切るために貨幣印刷に頼りすぎていますが、奇妙な形で多くの人々が世界経済の状態についてより自信を持って感じるようになっていると考えています。彼らは政府の代表者が世界経済の存続を保証するためにできる限りのことをしてくれると信頼していますし、また全面的に投資を始めるのに十分な安心感を感じています。」

これは暗号資産を含む資産クラス全体に言えることだが、3月の安値を境に市場は全体的に強気に推移している。FRBやその他の中央銀行による世界的な貨幣印刷は、投資家に何があっても経済は支えられるという大きな自信を与えている。

ビットコインインデックスファンドを提供するStackの共同創設者であるマシュー・ディッブ氏も同様の見解を示している。彼によると、ビットコインが現在享受している価格上昇は、市場に参入した新しいプレイヤーに多くの影響を与えているという。彼は、あらゆる場所の暗号資産取引所の顧客基盤が成長していると語っている。

彼はコメントしている。

ここ数週間、ビットコイン市場に新たなプレイヤーが参入しているのが確認されています。この動きは今週に入っても間違いなく継続しており、半減期が近づくにつれて週末にも継続する可能性があります。」

潜在的にビットコインを押し上げるもう一つの大きな要因は、億万長者の投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏がビットコインを賞賛したことだ。最近のインタビューの中で、ジョーンズはビットコインに大きく賭けていると発言し、今後数ヶ月の間に通貨が大きく発展すると信じていると語っている。

ブルームバーグ紙は、ジョーンズの言葉を記録した公式レポートを発表し、時価総額で世界第1位のデジタル通貨を金融のピークにまで押し上げるだろうと述べている。

人気の押し上げ

なお、ディッブ氏はさらに次のように述べている。

「有名な投資家であるポール・チューダー・ジョーンズがビットコインを支持したというニュースは、価値の貯蔵庫というビットコインの資産の特性を称賛していますが、これは、ほぼ確実に1万ドルゾーンへのBTCの突然の動きに拍車をかけています。」

(翻訳元:livebitcoinnews

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)