ビットコイン価格が高騰後の暴落サイン「サメのハーモニックパターン」を形成か

ビットコイン価格は10,000ドル以上を目指し、昨年6月以来の高値へのトライを行っている。今、暗号資産は確かに勢いを持っているが、価格上昇が停止し、約11,350ドルで反転した場合、「弱気のサメのハーモニックパターン」が完成する。


この弱気のハーモニックパターンは、ビットコインが高騰する前に、価格を以前のレベルの安値へと転落させる可能性がある。

「サメのハーモニックパターン」はビットコインの価格を底値に戻す

時価総額でトップの仮想通貨ビットコインは半減期を迎えたばかりで、世界は次に何が起こるかを見守っている。

ビットコインの次の暴騰の舞台は整っている。「暗黒の木曜日」の暴落を受けてリテイラーの関心が戻り、機関投資家はインフレに対するヘッジとしてBTCに注目している。

この超希少なデジタル資産は、ドルが弱くなり、より多くの景気刺激策による資金が暗号資産やその他のハード資産に流入しているため、成長を続けている。

ビットコインやその他のコインの半減期による価格上昇は、まだ本格的に始まっていないかもしれない。ビットコインの長期足チャートで形成されかけている弱気の「サメのハーモニックパターン」のように見えるものによると、ビットコインは高騰して11,350ドルの高値に押し上げられる可能性がある。

しかし、そこで反転した場合、弱気の「サメのハーモニックパターン」が潜在的に確認され、ビットコイン価格は下落し、安値のサポートを再テストする可能性がある。

しかし、このパターンが有効になるためには、ビットコイン価格が最初に10,500ドルを突破しなければならない。このパターンが確認されれば、下図にある多くのフィボナッチ・レベルのいずれかをテストし、ビットコインを下落させる可能性がある。

投資家は弱気のハーモニックパターンを恐れるべきか?

トレーダーや投資家は、この時点で一般的なテクニカル分析の用語に精通している可能性が高い。あなたがしばらくの間、この市場にいた場合、あなたはおそらく三角形、ウェッジ、およびヘッドアンドショルダーの形成について読んだことがあるだろう。

ハーモニックパターンは、Investopediaによると、「フィボナッチ数に沿って正確な反転ポイントを定義し、幾何学的な価格パターンを形成する」ものである。

ハーモニックパターンは、しばしばそのようなコウモリ、サメ、カニ、蝶などの動物にちなんで名付けられている。これらのパターンは、パターンがどの方向に形成されるかによって、強気または弱気に作用し得る。

bitcoin price harmonic patterns
ビットコイン価格のハーモニックパターン。Bullish:強気、Bearish:弱気

「弱気のサメ」が確認された場合、ビットコインの価格が大きく反転する可能性があり、3月の「暗黒の木曜日」以降の価格に戻る可能性がある。

ビットコインの最近の強気の勢いを考えると、今後の暴落は、これまでで最後の買いの機会になるかもしれない。パターンが確認された場合は、サメのように貪欲に、可能な限り低価格でビットコインを買い上げたほうがいいだろう。

(翻訳元:newsBTC

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)