【悲報】ビットコイン、米中対立激化により9000ドルを大きく割ってしまう・・・

市場を揺るがすコロナウイルスのパンデミックの上に、投資家が新たな米中貿易戦争が始まるとの見通しが、ビットコインを再び9,000ドル以下に突き落とした。


ビットコインは3.09%下落し、9,203ドルでトップになった翌日の月曜日の早い取引では8,633ドルで日中の安値を更新した。下降した動きは、特にマイニング報酬の半減(半減期)を前に、トレーダーがビットコインの9,000ドル付近のサポートを維持することができなかったことを反映している。

5月12日のイベントでは、ビットコインの1日の供給量が1,800BTCから900BTCに減少する。トレーダーたちは、このイベントによりビットコインがより希少価値の高いものになるだろうと考えている。人気のある価格予測モデルでは、2021年末までにビットコインの価格が10万ドルになると予測している。

bitcoin, cryptocurrency, btcusd, crypto
5月1日時点でのBTCUSDの株間チャートでの動き|出典 planB

しかし、トレーダーはまだ短期的な利益のためにポジションを閉じ、売却を始めている。マイク・ポンペオ米国務長官が、新型コロナウイルスの重症度を隠すために中国政府が役割を果たしているとの国土安全保障省の主張を強めた後、下落するだろうとのセンチメントが噴出した。

米中貿易緊張

日曜日、ポンペオ氏はABCに、北京は新型コロナウイルスの潜在的な影響を世界の残りの部分と共有することを無視しながら、1月に医療品を備蓄していると語った。

「我々は、中国共産党が、世界が何が起こっていたのかをタイムリーに把握できないようにするために一体何をしてきたのかを知っている」とポンペオ氏は付け加えた。

ポンペオ氏の発言は、米中の摩擦が再び高まっていることをほのめかしている。それは月曜日の取引開始早々の人民元の為替レートにも表れた。人民元は0.3%下落して1ドル=7.1561円となり、45日ぶりの安値を記録した。INGのチーフ・チャイナ・エコノミスト、ロバート・カーネル氏は、この下落は米中貿易戦争のシグナルになる可能性があると指摘した。

「ここ数週間で株価が上昇していることを考えると、米政権が貿易レトリックを再開する気になっている可能性がある」とカーネル氏はFT紙に語った。

S&P500指数はこれまでのところ、このニュースにネガティブな反応を示している。それは2週連続で下落し、その先物市場は週の始めを下落から開始している。

ビットコイン相関

S&P500の下降リスクは、S&P500とビットコイン及び他の暗号資産との短期的な正の相関関係を考えると、ビットコインを価格崩壊の脅威にさらす可能性がある。

チャールズ・シュワブのチーフ投資ストラテジストであるリズ・アン・ソンダーズ氏が5月の初めに述べたように、米国のベンチマークは「ゾンビ企業」で溢れており、その企業の株価は収益がないにもかかわらず上昇し続けている。いわゆる企業の負債バブルを押し上げていて、すぐに破裂してS&P500の株価が暴落する可能性がある。

bitcoin, cryptocurrency, btcusd, crypto
S&P500におけるゾンビ企業|出典:アーバーデータサイエンス

米国株式の損失とそれに伴う投資家の追証は、以前に投資家がビットコインを含む現金のために保持しているものは何でも売却することによって補われている。伝統的な市場の影響を受け、暗号資産は5月12-13日の取引の間に50%以上も暴落するという恐ろしい見方もある。

(翻訳元:bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)