ビットコインへの関心が低下中、価格上昇まで1年以上かかる?

Glassnodeの最新のマーケットアップデートによると、ビットコインネットワークの全体的な状態を測定するGNI指数は、前週比で18%または13ポイント下落し、60ポイントの値になっている。同時に、BTCの価格は心理的な9000ドルの水準を下回り、8700ドル付近まで下落した。

この指数は、ビットコインのファンダメンタルズの強さを判断するために、ネットワークの健全性、センチメント、流動性などの指標を考慮している。報告書によると、3つの測定値はすべて8ポイントから20ポイント下落し、GNIを下げた。

BTCネットワークの長期的な健全性は「比較的高い」状態が続いているが、全体的なネットワーク活動、取引所への流入、オンチェーン取引量の減少がビットコイン価格の下落に寄与している、と同レポートは述べている。

「これは、BTCの価格に関連した経済活動の全体的な減少と、ホドラーの蓄積行動の鈍化によって引き起こされています。 ホドラー(HODLER)の蓄財量は上がっていますが、そのユーザ数は減少しています」

ビットコインは、markets.bitcoin.comのデータによると、プレス時には8,700ドルから8925ドルの間の価格で取引されており、過去24時間で1.7%下落し、過去7日間で10%近く下落している。ビットコインは、小売業者の関心が減速し始めたため、2週間前に半減期イベントのピークに達した1万ドル強から下落している。

第3回目のビットコインの半減は、マイニング会社の収益を大幅に削減し、高額な取引手数料をもたらしたようだが、ビットコインが強気に転じるまでには数ヶ月かかるだろうし、「価格が桁違いに上昇するには1年以上かかる可能性がある」とGlassnodeは述べている。

(翻訳元:news.bitcoin.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)