【分析】4月30日、ビットコインはなぜ暴騰した?

米連邦準備制度理事会(FRB)が「中期的な」経済危機を警告したことで、ビットコインは水曜日に四半期の最高値を更新した。


中央銀行は、ワシントンからの更なる景気刺激策の支援を呼びかける一方で、ベンチマーク貸出金利をゼロ近くに維持することを決定した。

慎重な見通しは、ウォール街指数や金を含むすべての主要な資産を上昇させるのに役立った。

米連邦準備制度理事会(FRB)がベンチマーク貸出金利をゼロ近くに据え置き、必要に応じてさらなる刺激策を提供することをほのめかしたため、ビットコインは木曜日に最大の上昇要因の一つとなった。

bitcoin, btcusd, cryptocurrency, crypto
BTCUSDチャート: TradingView

この法定通貨でない仮想通貨(暗号資産)は4.98%急上昇し、7週間ぶりの高値となる9,233ドルを記録し、その日のうちにさらに上昇を維持した。FRBが急速に蔓延しているコロナウイルスのパンデミックに牽引されて、より暗い「中期的な」経済見通しを描いていたにもかかわらず、この動きは加速した。

さらなる刺激

ジェローム・パウエル議長は水曜日の記者会見で、不確実なウイルス・カーブ、社会的距離感による生産能力の喪失、そして危機の世界的な次元の3つの要因により、米国経済はさらに縮小すると予想していると述べた。

一方、連邦公開市場委員会は、FRBが米国経済を守るために「強引に、積極的に、積極的に」行動すると付け加えた。

“連邦準備制度理事会は、この困難な時期に米国経済をサポートするために、そのツールの全範囲を使用することにコミットしている “と、それは水曜日の2日間の会議の終わりに述べている。

中央銀行は金利を3月15日の水準(0から0.25%の間)付近に維持し、米国経済が “最大雇用と物価安定の目標 “を達成するのを見るまで、その範囲を維持することを約束した。

テンポの良いビットコインラリー

FRBの政策はビットコイン、米国株、そして金でさえも日中の乱高下を誘発した。しかし、サムソン・マウ氏にとっては、世界最大の中央銀行による人為的なインフレ以外にも、クリプトカレンシーが成長する確固たる理由があった。

ブロックチェーン技術会社BlockstreamのCSOは木曜日、ビットコインは2020年5月12日にそのマイニング報酬が半減する前にトレーダーからの需要がさらに増加すると分析している。この半減期イベントは、暗号通貨の1日の生産量を1800BTCから900BTCに減少させることになる。

bitcoin, btcusd, cryptocurrency, crypto
ビットコインと米国株は強気の触媒が異なる|出典: サムソン・モー

しかし、ビットコインをポンピングするという行為は、市場の流動性についての説も浮上した。タイラー・ダーデンというペンネームで活動するゼロエッジの活動家兼ジャーナリストは、ビットコインの毎週の上昇を「陽気なサイクル」と呼び、非流動的なアルトコインの教科書的な定義とした。

“私の希望は、ビットコインの半減期が財政的に可能な限り多くの中国のマイニング業者を崩壊させ、我々は実際にこのポンプとダンプ劇場の代わりに合法的な強気市場を持つことができることです “

とダーデン氏は書いている。

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)