【半減期】ビットコインが2021年8月に50万ドルになる理由とは?

  • ビットコイン価格は暴落から回復して8,800ドルに。9,000ドルから10,000ドルに注目
  • Pantera CapitalのCEOであるDan Morehead氏は、半減期の歴史が繰り返されるならば、ビットコインは2021年8月までに50万ドルまで上昇すると予測している。

ビットコイン価格は先週の9,500ドルへの急騰に続き、売りの動きが増えている。BTC/USDは急騰後、8,400ドルの安値まで急降下したが、5月3日には9,200ドルまで回復している。月曜日の下方修正では、8,530ドルがサポートとなり、9,000ドルに向けての道が開かれた。しかし、上向きの動きは9,000ドル以下にとどまっており、ビットコインは8,800ドルのサポートに支えられている。

実勢市場価格(8,871ドル)をわずかに上回っているビットコインは、50単純移動平均線(SMA)での抵抗の高まりに直面している。下降局面では、1時間幅の100 SMAが当面のサポートとなっている。100 SMAを上回れば、8,900ドルの上を順調に通過できることは明らかだ。短期的には、9,000ドルに注目が集まっているが、投資家はビットコインの半値割れが近づくにつれて、10,000ドルに向けてのビットコイン取引に注目している。

強気のモメンタムの発展は、相対的強さ指数(RSI)によって支えられている。この指標は、買われすぎの領域(70)からの後退を鈍化させ、上向きの動きを示唆している。同時に、取引量の増加は、ビットコインを9,000ドル以上に引き上げることを目的に、より多くの買い手が市場に参加していることを示唆している。まだまだ上向きではあるが、9,000ドル以上への明確な道筋のためには、1時間足チャート上の下降トレンドラインの抵抗を突破しなければならない。

BTC/USDの価格チャート

BTC/USD price chart
BTC/USD価格チャート by Tradingview

「ビットコインは50万ドルを目指す」:Pantera CapitalのCEO

Pantera CapitalのCEOであるDan Morehead氏は、投資家に宛てた書簡の中で、ビットコインは2021年8月までに50万ドルの水準に達するほどの大暴騰の可能性が五分五分であると予測した。書簡の中でMorehead氏は、金や石油、ベンチャーキャピタルなどの他の資産と比較しながら、今年5月に半値になる前の12ヶ月間のビットコインの価格パフォーマンスを調べた。Morehead氏によると、”ビットコインの新規供給が半分になった場合、他のすべてが同じであれば、価格は上昇するはずだ “という。また、彼はこうも付け加えた。

「もし歴史が繰り返されるとしたら、ビットコインは2021年8月に533,431ドルでピークを迎えるだろう。」と。明らかにそれは単なる可能性にすぎない。その価格は馬鹿げているように聞こえるが…。ただ、ビットコインが上昇し、大きく上昇する可能性が50%以上あると言っているだけだ。

(翻訳元:CoinGape

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)