半減期が近づくにつれ、ビットコインの次の値段は2万3000ドルまで上昇?

bitcoin

5月の半減期を迎えることによるブロック報酬の半減により、ビットコインの価値が顕著に上昇することを示唆するデータが増えている。この最新の分析によると、主要な仮想通貨(暗号資産)は今年の残りの期間はゆっくりと上昇し、最終的には史上最高値に達することになるだろう。

ビットコイン価格は明確なパターンをたどっている

アナリストのビットコイン・ジャック氏は、ツイッターに週足終値の様々な指標を検証するグラフを投稿している。その全てが差し迫った強気の動きを示唆している。彼はこうツイートしている。

このチャートは、現在の市場の移動平均線とフィボナッチ数列を調べ、2013年から2017年のバブルの類似データと比較したものだ。多くのデータと明確な相関性がある。したがって、このパターンが続けば、ビットコインの価格は少なくとも今後12ヶ月間は上昇することになる。

注目すべきは、ビットコインジャック氏は、少なくとも仮想通貨(暗号資産)の基準ではなく、急激な価格の急騰を予測しているわけではないということだ。むしろ、2018年初頭まで続いた前回のバブルの時のように、ビットコインが着実に上昇していくことを示唆している。それにもかかわらず、仮想通貨(暗号資産)は数ヶ月以内に新たな史上最高値を更新する可能性がある。

外的要因が値動きに影響

ビットコインのブロック報酬半減は、潜在的な値動きの議論を支配し続けている。これは、市場に参入する新しいコインの数を1日あたり900枚減らすことにるが、需要が変わらない場合、価値が上昇することはほぼ確実だ。このように、この動きがビットコインのダイナミクスをどのように変化させるかを示す他の分析データは枚挙に暇がない。

より大きな文脈では、ブロックチェーン空間における他の多くのアクションもまた、市場に顕著な影響を与える可能性がある。例えば、数週間の下落の後、ビットコインのネットワーク活動は再び上昇に転じている。この上昇は価格の回復と一致しており、トレーダーの活動が活発化していることを示している。

これまで以上に様々な機関がブロックチェーン技術の採用を模索しており、ブロックチェーン活動全体の増加も有望な兆候だ。現実世界での使用が最終的にすべての暗号資産の価値を決定することを考えると、この要素は将来の価値を予測する優れた要素だ。実際、ビットコインやその他の暗号通貨への関心は、これまで以上に高まっている。

ここ数週間の市場の下落にもかかわらず、ブロックチェーン・スペース全体の勢いは衰えていない。外部からの影響は、将来の価値を楽観視する強い理由となっている。

(翻訳元:bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)