ビットコイン価格、アジアの大口が売りを始めると5000ドル暴落、米市場も追随か?

2

ビットコインの価格は5,000ドル以上下落し、24時間安値の28,286ドルを記録したことで、ついに市場修正の兆しが見えてきた。クリスマス前夜に始まった34,000ドルを超える暴騰を継続する最中で、ビットコインには多くの売り圧力がかかっていた。多くの人は、現在の市場の修正は、ビットコインが韓国のいくつかの取引所で大量に売却されていたので、アジアのクジラによって引き起こされたと考えている。

出典:TradingView


多くのアナリストは、ビットコイン価格が34,000ドルで短期的な最高額に達し、市場は20%まで修正、下落する可能性があると考えている。当面のサポートは$28,000にあり、もしビットコインがそれを維持できなければ、BTCの価格は$24,000までリトレースする可能性がある。

200億円相当のビットコインロングポジションが10分で清算


アジア市場は先週、大規模な売りの壁にもかかわらず、BTCの価格を$34,000以上に押し上げるために重要な役割を果たしたが、すべての主要な価格上昇の後に下落が観察され、クジラが利益を上げるために積極的に売買していることを示唆していた。
現在の価格のリトレースにより、10分以内にBinanceで1億9000万ドルのロングが清算された。トップのクリプトカレンシーは、過去にそうであったように、何らかのリバイバルのために米国市場に目を向けている。

米国市場に注目、ビットコイン価格はさらに下がる?

ビットコインの現在の価格が5,000ドルを超えるリトレースは史上最大の暴落だが、ビットコイン市場が成長していることを示す20%以下の暴落となっている。ビットコイン価格が30,000ドルを取り戻すのに苦労しているため、ビットコインが取引後数時間以内に同様の暴落を回復するのを支援してきた機関がある米国市場に注目が集まっている。

MicroStrategy、Square、Grayscale、Paypalなどの機関投資家は、特に2日間の取引休止後の月曜日に市場が開くと、ビットコインの大部分を購入することで知られている。ソフトウェア大手のMicroStrategyは、昨年8月からすでに13億ドル以上のビットコインを購入しており、そのうち6億5000万ドル相当のビットコインを最後の下落時に購入している。

参考:ビットコイン 、34,000ドルを突破。リターンは歴史的な高水準に
参考:速報:ビットコイン遂に3万ドル突破、わずか2週間で2万ドルから急上昇

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



2 thoughts on “ビットコイン価格、アジアの大口が売りを始めると5000ドル暴落、米市場も追随か?

Comments are closed.

Next Post

ビットコインが30,000ドル以下に下落、ロングポジションの記録的清算が発生中

月 1月 4 , 2021
世界最大の仮想通貨であるビットコインの価格は、2021年1月3日に34,800ドルという史上最高値を […]