【価格分析】ビットコインが爆発的に9,000ドルをブチ抜く、1万ドル突破も近いか?

ビットコイン価格が9,000ドルを超えて急騰している。

BTC/USDは、8,000ドルのレンジへの戻りを回避し、10,000ドルのハードルを突破することに集中するために、9,000ドル以上のサポートを求めなければならない。

ビットコインの買い手は、4月の10,000ドル以上の月を閉じるために執拗な戦いをしている。24時間足らずで、この最大の仮想通貨は1,000ドル以上の急騰を見せた。8,000ドル以上のブレイクは、10,000ドルに向けて進行中の強気の狂乱の主要な要因となっている。BTC/USDは、次のランデブーは9,500ドルになるが、9,000ドルを超えて堂々とプライスアクションを伸ばしている。

一方、価格はこの日の4.32%の上昇を受けて、9,175ドルでふらふらしている。1万ドルへの道筋をクリアしつつ、9,500ドルの売り手が混雑するゾーンを下抜くかもしれない。ビットコイン半減まであと2週間を切っている。そのため、このイベントに関する憶測が続く可能性がある。この半減期前の上昇はビットコインを10,000ドル以上に急上昇させる可能性があるが、ハーフ後のラリーは20,000ドルに向かって止むを得ないでだろう。

BTC/USD price chart
BTC/USD価格チャート by Tradingview

テクニカル面では、木曜日の欧州セッションで1万ドルへの急騰が起こりそうだ。相対力指数(RSI)によると、現在進行中の強気の動きは売り手を抑えるのに十分な強さを持っている。また、MACDの上の強気のダイバージェンスで観察されるように、テクニカルサポートと相まって取引量が多く、1万ドルのハードルはすぐに視界に入ってくることになる。

しかし、すべてのシナリオと可能性のある結果を観察することが不可欠だ。反転が確保され、ビットコインがダンプを開始した場合、暫定的なサポートは$9,000、$10,546からスイングローに$3,856(200日SMA)で最後のドロップの61.8%フィボナッチレベルで観測されている。その他の重要なサポートエリアには、7,800ドルと7,400ドルがある。

現在のビットコインの状況

  • スポットレート:9,175ドル
  • 相対的な変化:387
  • 増減率: 4.32%
  • トレンド:強気
  • ボラティリティ:高

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)