楽しい仮想通貨ライフ!

【朗報】中国のビットコインマイニング業者、地方政府の政策により復活か

ビットコインネットワークのハッシュパワー全体の50%を貢献している中国の都市、雅安(ヤーアン)は、半減期の直前にマイニング業者に安価な電力を提供するという。


公的なガイダンス文書によると、山間部は雨季を待っている間に、「ブロックチェーン産業の発展の実施を支援する」ために余剰電力を提供したいと考えているという。

この動きは、よりビットコインの半減期後に報酬が減少するにもかかわらず、マイニング業者の操業継続を促進する可能性がある。

中国の四川省にある雅安市は、余剰電力を燃やすためにビットコインマイニング業者の支援を求めている。それは、コストと経費を削減するマイニング業者のためのより安い電力になる可能性がある。

ビットコイン, 仮想通貨(暗号資産), そして半減期

bitcoin, cryptocurrency, halving

地方政府は、”ブロックチェーン企業 “に電力を過剰に生産している工場の近くに事業所を構えるよう求める公開指導通知を出し、雅安市が “ダイナミックなマイニングハブ “になるのに役立つと指摘した。同文書には、マイニング業者がより安い料金で余剰電力供給を受けることが明記されている。

マイニング業者激動の月

雅安のメモは、世界のビットコインマイニング部門の激動の1ヶ月に続いている。2020年3月の一晩で価格が50%下落した仮想通貨(暗号資産)の驚くべき暴落は、マイニング業者が稼いでいたドル建ての利益を圧迫した。そのため、一部のマイニング業者はマイニング装置を閉鎖せざるを得なくなった。

最大の仮想通貨マイニングプールの共同創設者であるマオ・シーシン氏は、ビットコインが6,000~7,000ドルになればマイニングマシンを閉鎖するリスクがあるとLongHashに語った。同時に、電気代が安くなればマイニングマシンが廃業するのを防ぐことができると述べた。

“現在の市場のパフォーマンスを考えると、私たちがしなければならないことは、電気代が安ければ安いほど採掘業者の影響が少なくなるので、電気代を最適化することです。”とシーシン氏は述べた。

雅安の発表は、以下の事項を約束している:全体的なマイニングコストの90%以上を占める電気代を削減する。この動きは、中国のマイニング業者がビットコイン価格の低下にもかかわらずリグを継続し、それによって金銭的損失に直面することなく操作を実行することにつながる可能性がある。

この傾向は半減期後も続く可能性がある。2020年5月には、ビットコインのマイニング報酬が1,800BTCから900BTCに引き下げられる。トップアナリストは、報酬が下がることで小規模なマイニング業者がリグをシャットダウンする可能性があると予測していた。しかし、価格が上昇し、電力料金が安くなることで、ほとんどのマイニング業者は利益を上げ続けるだろう。

ビットコインの蓄積が始まる

雅安が政府の支援を受けて地元のビットコイン・マイニング産業が繁栄していることから、仮想通貨(暗号資産)のテクニカル指標はすでに新たな強気フェーズの始まりを示唆している。

ハッシュリボンは、ハッシュレートと難易度の測定値に基づいてマイニング業者の資産蓄積/キャピタレーションセンチメントを識別するもので、先週、緑色に変化した。それは、弱いマイニング業者がすでにビットコインを保有していることを示している。

「マイニング業者の資産蓄積は、平均して年に一度だけ、頻繁に起こることはありません。」

ハッシュリボンズモデルの作成者であるチャールズ・エドワーズ氏は、昨年、彼のブログでこう述べている。

「しかし、それは最後の2つの半分のそれぞれに続いて発生しています。我々は2020年半ばに再び別の素晴らしい買いの機会を見られるかもしれません」

(翻訳元:bitcoinist.com

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。